« 福祉国家構想研究会講演会 「社会保障と税の一体改革」への反撃と新福祉国家構想 | トップページ | 障害者の6割 年収100万円以下 (追加あり) »

2012/04/22

平均世帯年収(概算)と橋下率(対当日有権者数)の二変量の関係

 twitter上で、少し話題になっている図表だけど。元資料がわからないのですがね。さらにいえば、区の平均年収と橋下率との相関をみているわけだけれども、それだけではね。
 それでもボク的な仮説をたてるとしたら、橋下の支持の基盤は、大阪の貧困化と関係があるのだけれども、どちらかといえば、それは、貧困下化がひろがるなかで、自分の基盤を低下させているやや高い中間層の危機意識か。言い換えればグローバル化のなかでの競争社会から下りることができないでしがみつく層という感じか。
 渡辺さんの仮説では、上層の新自由主義の支え手と、経済困難に直面する層の二層というもの。
 もう少ししたら、大阪の選挙結果のいろいろな分析というものもでてこるようなので。

 さてさて、いろいろ考えたいものでもあるけどね。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 福祉国家構想研究会講演会 「社会保障と税の一体改革」への反撃と新福祉国家構想 | トップページ | 障害者の6割 年収100万円以下 (追加あり) »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/54537953

この記事へのトラックバック一覧です: 平均世帯年収(概算)と橋下率(対当日有権者数)の二変量の関係:

« 福祉国家構想研究会講演会 「社会保障と税の一体改革」への反撃と新福祉国家構想 | トップページ | 障害者の6割 年収100万円以下 (追加あり) »

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31