« シリーズ 貧困拡大社会(2) 孤立する生活保護受給者 | トップページ | 校庭線量 非公開で緩和 文科省 昨年4月 »

2012/04/18

少年と自転車

1009514_01 今日、やっとこの最新作のほうを見に行くことができた。やっぱりおもしろかった。育児放棄のもとで育つ子どもの話という思いテーマだけど、それだけに話をシンプルにつくっている。里親の背景や葛藤はあえて描かない。主人公の子どももできるだけ、外側からとらえる。だけど、子どもの哀しみや傷みは痛々しいほど伝わってくる。怒りや恋しさや…。そういう子どもに向き合うことの難しさ、だけども、向き合おうとする里親。
 いつものごとく、タイトルが象徴的。自転車は、子どもにとって、何ものにも変えることの出来ない、関係性というか、”絆”というのか。里親と自転車でハイキングにいったり、ラストの襲われたあとに自転車にのって里親のもとに戻るシーンは明るい。困難がたくさんあっても、そこに希望と未来があるんだろうな。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« シリーズ 貧困拡大社会(2) 孤立する生活保護受給者 | トップページ | 校庭線量 非公開で緩和 文科省 昨年4月 »

教育」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/54505609

この記事へのトラックバック一覧です: 少年と自転車:

« シリーズ 貧困拡大社会(2) 孤立する生活保護受給者 | トップページ | 校庭線量 非公開で緩和 文科省 昨年4月 »

無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31