« 寿歌 | トップページ | 平均世帯年収(概算)と橋下率(対当日有権者数)の二変量の関係 »

2012/04/22

福祉国家構想研究会講演会 「社会保障と税の一体改革」への反撃と新福祉国家構想

ArdttemcmaijvhkArd7jorceaaads7 今日は、表題の講演会。渡辺治さんと二宮厚美さん。二人とも名誉教授かあ。
 渡辺さんは、「一体改革の狙いと対抗する運動の展望」。いま、野田内閣のもとで構造改革の巻き返しがおこなわれている。その構造改革の柱を3つで整理する。長期の安定より目先のコスト削減、大企業負担の軽減、大企業の活動規制の撤廃、そして大企業の参入できる市場の拡大。そして、そういう「改革」をすすめための決定と統合のシステムづくり。ここにいまの2大政党のゆきづまりや、橋下問題、そして改憲の動向がよくわかる。
 つぎに一体改革の経緯をふりかえりながら、現在の一体改革が、経済界の要望の内容に戻り、そして、社会保障の削減と消費税増税に向かっていることなどを明らかにした。
 そういうなかで、どう構造改革に対抗するのかという話の流れ。
 二宮さんは、「一体改革に代わる福祉国家型財政・経済の構想」。二宮さんは、とくに、クローバル化という口実でおこなわれる消費税の基幹税化が何をもたらすのかということについての話。消費税は、生存に税金をかける税で、蓄財や投資には課税されない。そしてその論理のゆく突く先は、法人税ゼロと喝破し、さらに、その対抗と解決のあきらかにする。

 細かい議論に、目をとらわれ続けているだけに、ひさしぶりに大きな話で。とても頭がすっきりした次第。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 寿歌 | トップページ | 平均世帯年収(概算)と橋下率(対当日有権者数)の二変量の関係 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/54537784

この記事へのトラックバック一覧です: 福祉国家構想研究会講演会 「社会保障と税の一体改革」への反撃と新福祉国家構想:

« 寿歌 | トップページ | 平均世帯年収(概算)と橋下率(対当日有権者数)の二変量の関係 »

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31