« 不屈 瀬長亀次郎日記 第二部 那覇市長 | トップページ | PAC3を見てきました。 »

2012/04/08

石垣港にPAC3 民間地、基地に一変

 たぶん、明日からは月末まで、全力で走り続けることになるので、今日は、休養にあてる。だけど、花粉がかなりきつい状況で、からだが全身反応して、たいへん。さて。

石垣港にPAC3 民間地、基地に一変(琉球新報)

 渡辺周防衛副大臣の視察に合わせ、地対空誘導弾パトリオット(PAC3)が配備されている石垣港の新港地区内の一部が7日、報道陣に公開された。PAC3発射機や化学防護車、野営用のテント、自衛隊車両がずらりと並び、普段は工事車両や砂利置き場以外何もない民間地が即席の「基地」に様変わりした。
 北朝鮮の長距離弾道ミサイルとみられる「衛星」の打ち上げに備え、北の方角に向けられた発射機2基、隊員が宿泊するテントはおよそ100張り。そのそばには自衛隊車両やヘリが並ぶ。渡辺副大臣の訪問を受けた化学防護車の隊員はガスマスクを装備し、万全の体制で準備していることをアピールした。
 「MP(ミリタリーポリス)」の腕章を付けた隊員が所々に配置され、周囲を警戒。迷彩服を着た隊員が隊列を組んで行進する姿も見られた。
 石垣島にPAC3が搬入されたのは5日。その後、新港地区に向かう道路は警察によって封鎖され、一般の人が近づけないようになった。同日、新港地区の砂置き場で遊ぼうとしていた小学生の男児2人が知らずに自転車で警察の検問を越えようとして止められた。
 「ミサイルが来ているのは知ってたけど、砂置き場まで行けなくなっているとは思わなかった」。男児は無邪気に答えたが、その時点で自衛隊員が銃を携行していることは地元関係者に知らされていなかった。…

 軍隊のいない平和な島が、一変したものものしさ。ほんとうに、現地の人たちは不安でいっぱいだろうなあ。そして、複雑な思いの中で。この記事の最後に、平和憲法を守る八重山連絡協議会の仲山忠亨会長が、「市民に不安感があり、これまでと違って抗議行動はやりづらい」「防衛省は北朝鮮の『衛星』発射を利用し、自衛隊基地配備の布石を打っているとしか考えられない。これほど大げさに展開する必要があるのかと思う」と言っていることが紹介されている。そのとおりだと思う。ただし、防衛省はあからさまだ。

与那国沿岸監視「部隊を配備させてほしい」(八重山毎日)

 渡辺周防衛副大臣は7日午前、政府が2012年度予算で10億円を計上している与那国への沿岸監視部隊配備候補地の南牧場やインビ岳などを視察。「国土防衛のためにも、地元の皆さんの同意をいただきながら進めていきたい。協力をお願いしたい」と述べ、理解を求めた。
 久部良の西埼灯台にある「日本最西端の碑」の前で渡辺副大臣は「与那国町が国境の町であること、今まで南西諸島が手薄だったことを深く認識した。自衛隊の沿岸監視部隊を配備させてほしい。そのためにも町の協力を今後もお願いしたい」と部隊配備を強調。
 配備に向けた取り組みについて「12年度予算を執行していくので、議会のほうでも話を進めてほしい。町民についてもこれまで2回の説明会をしてきて、皆さんにもいろんな意見があることは認識しているので町の力を借りて理解を求めていきたい」と話し、具体的な進展がある段階ではないとした。
 外間守吉町長は「今回の配備と自衛隊誘致は関係のないこと。いろんな考えがあると思うが、コメントすることはない」と述べるにとどめた。

 今回は別件で、明日から1泊那覇に滞在。だけど、近いうちに、八重山にも行ってみたいなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 不屈 瀬長亀次郎日記 第二部 那覇市長 | トップページ | PAC3を見てきました。 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/54421398

この記事へのトラックバック一覧です: 石垣港にPAC3 民間地、基地に一変:

» ★誰も書かない北朝鮮「衛星」騒動の実態! [★ようこそ「イサオプロダクトワールド」へ★isao-pw★]
★自衛隊の無意味な馬鹿騒ぎに同調する無知なマスコミの不見識に敢えて異議を称える。 [続きを読む]

« 不屈 瀬長亀次郎日記 第二部 那覇市長 | トップページ | PAC3を見てきました。 »

無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30