« 「親学」議連が発足 安倍、鳩山氏ら超党派 | トップページ | 普天間第二小 門出の日襲う米軍爆音 »

2012/04/11

路上で涙・上着なし…幼い兄妹のSOS届かず

 この事件っていったいなんなんだろう?誰がどうすれば良いんだろう。

路上で涙・上着なし…幼い兄妹のSOS届かず(読売新聞)

 東京都江戸川区の民家で6日、小学生2人を含む家族4人が無理心中を図り、死亡した事件。
 子どもたちや親族、近隣の住民は何度も“SOS”を発していたが、行政側は幼い命を守ることができなかった。
 専門家は「行政がもっと踏み込んだ対応をしていれば、事件を防げたはず」と指摘している。
 親族によると、亡くなった小学4年の野本晃輝君(9)と小学2年の妹鈴菜ちゃん(7)が、母親の小百合さん(28)らとともに江戸川区で暮らし始めたのは昨年9月。父親(34)の不動産会社への転職に伴い、福岡県から引っ越してきたという。
 区などによると、晃輝君は社会科見学などの学校行事に興味を示し、鈴菜ちゃんは縄跳びが得意だった。すぐに学校になじんだが、小百合さんの精神状態が不安定になり、子どもたちも次第に休みが目立つようになったという。昨年12月には、寒い中、上着も羽織らずに、路上で泣く晃輝君の姿を住民が見掛けていた。
 今年1月には、父親が仕事上のミスを苦に自殺。近所の女性が先月、2人だけで手をつないで犬の散歩をしているのを心配に思い、「お母さんは?」と尋ねると、「お母さんは具合が悪いので2人でお散歩しているの」とさみしそうに話していたという。
 1か月後、同居していた小百合さんの兄斉藤章さん(29)を含む4人は練炭入りの七輪を自宅室内に置いて心中を図り、幼い2人も犠牲になった。女性は「子どもたちは母親の話になると暗い表情を浮かべ、やつれているように見えた。あの時、何かできたんじゃないかと考えてしまう」と悔やんだ。
 子どもたちの様子に不安を感じた近隣住民は昨年12月下旬、区子ども家庭支援センターに「子どもたちが心配」と連絡。父親の自殺後、2人の世話をしていた千葉県に住む父方の祖父(64)も同センターに相談していた。祖父は「母親は『つらい』『死にたい』と漏らすし、育児ができる状態ではなかった」と話す。
 両親が育児をできない場合、児童相談所は児童虐待防止法に基づき、自宅への強制立ち入りや子どもを一時保護することができる。しかし、今回は、センター職員が2~3月に3回、自宅を訪問しただけで、児童相談所には通報していなかった。その理由について、センターは「母親に会えず、子どもへの虐待や育児放棄(ネグレクト)を確認できなかった」と説明した。
 事件3日前には、小百合さん宅で練炭によるボヤ騒ぎがあり、近所の住民が消火に当たったが、相談に乗っていた区側に情報が伝わることもなかった。…

 だれもが無力感にたちすくんでしまう。
 何かをしなくっちゃいけない。根本をとうことでは間に合わない。だけどね、根本をとわないで、解決できるのだろうか。そうして見過ごしてきたのが現実じゃないか。だけど、それじゃあ間に合わない。そんな思いの中で揺れる。何ができるのか。自分にできることは何なのか。どんな議論を発信していけばいいのか。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 「親学」議連が発足 安倍、鳩山氏ら超党派 | トップページ | 普天間第二小 門出の日襲う米軍爆音 »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/54450197

この記事へのトラックバック一覧です: 路上で涙・上着なし…幼い兄妹のSOS届かず:

« 「親学」議連が発足 安倍、鳩山氏ら超党派 | トップページ | 普天間第二小 門出の日襲う米軍爆音 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31