« オスプレイ、モロッコで墜落 普天間に12年配備予定 | トップページ | おいおい国会では…… »

2012/04/13

記者の目:米軍普天間飛行場の騒音問題=大治朋子

 毎日が普天間の騒音問題を取り上げた。継続して取り上げることを願う。

記者の目:米軍普天間飛行場の騒音問題=大治朋子(毎日新聞)

◇教室の「日常」に目を向けよ
 軍用機が上空を日常的に旋回する沖縄県・米軍普天間飛行場。米軍再編で移設問題が注目を集めているが、飛行場に隣接する宜野湾市立普天間第二小の騒音実態は、詳しくは知られていない。琉球大工学部の渡嘉敷健准教授(環境工学・騒音)が教室内の騒音測定をした結果、米軍機の離着陸に伴う騒音は最大100デシベル以上に達した。電車が通過中の高架下の騒音に匹敵するレベルだ。2〜3月にかけて普天間第二小の「日常」に密着取材した。実感したのは、騒音問題の改善には、まず米軍基地が集中する沖縄ならではの特殊な騒音状況を的確に反映する測定方法の検討や児童・生徒らの健康被害の実態把握が必要だということだ。

◇授業中約4分に1回飛ぶ米軍機
 空を切り裂く軍用機の爆音は容赦なく校内に響き渡る。普天間第二小の3月1日の4時限目。45分間の授業中、米軍機は11回、約4分に1回の割合で飛んだ。最も騒音の値が高いピーク時の平均は約84デシベルで、地下鉄の電車内の騒音を上回る値だ。しかし、文部科学省が定める一般的な検査基準である等価騒音レベル(一定時間内の騒音の平均値)に沿って45分間の平均にしてみると66.7デシベルで、「やや騒々しい事務所」のレベルになる。……

◇子供たちの心身に与える影響も
……

 記事では、騒音の実態とともに、子どもたちへの影響を告発している。慢性的に航空機騒音にさらされている子どもたちは「音に同調せず、注意から外し、感受性を低くする対応策を身につける」という米国の大学教授の見解もあるのだ。

 そもそも授業の中断は、どれだけ、子どもたちの学びに否定的な影響をあたえているのか。そんなことが、なぜ改善されないのか?それでも基地があるのを当然だというのだろうか?まじめに考えればだれもが許してはいけない現実だと思うはずだけど……。復帰から40年の現実である。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« オスプレイ、モロッコで墜落 普天間に12年配備予定 | トップページ | おいおい国会では…… »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/54460917

この記事へのトラックバック一覧です: 記者の目:米軍普天間飛行場の騒音問題=大治朋子:

« オスプレイ、モロッコで墜落 普天間に12年配備予定 | トップページ | おいおい国会では…… »

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31