« 那覇・宮古にPAC3 | トップページ | 若者が無縁化する─仕事・福祉・コミュニティでつなぐ »

2012/04/05

官房長官、原発再稼働「地元同意、義務ではない」

 いったいどういうことだろう?

官房長官、原発再稼働「地元同意、義務ではない」(日経新聞)

 藤村修官房長官は5日午前の記者会見で、原発再稼働にあたっての地元自治体の同意について「法律などの枠組みで同意が義務付けられているわけではない」と述べた。関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働を巡って、政府は福井県とおおい町の「同意」、滋賀県や京都府など近隣自治体の「理解」を得る必要があるとしているが、法律上の規定はない。あえて明確にする藤村長官の発言は地元軽視と受け止められ、反発を招く可能性がある。

 そりょうあ、法律的にはそうだけど、そういうことが問題ではないわけで……。

 そもそも、30項目についても異論が出て、新しい安全基準をつくることになったわけだけど、それで、安全だということを今日にも決定するという話も出ている。だけど、その安全基準も、保安院みたいなこれまで推進をすすめ、嘘800をならべたててきたところがつくるのだから、どうなのだろうか。
 あまりにも、ストレステストの内容は、厳密な科学的検討がなされていないという批判がもっぱら出し、ひろくさまざまな分野の専門家の英知を結集したわけでもなんでもない。結局はあらたな安全神話のはじまりにもなりかねない。しかも大飯原発特有の地理的な問題もどれだけ検討されたのだろうか。実際に地震がおきれば、この地域ではどんなことがおきるのか。
 独立した機関で、英知を結集して、検証する。そこがスタートなはずだけれども。実際の地震を考えた時、途方もなく危険なことがだれだってわかるだけに、こんなやりかたは、運転再開先にありきの議論であることは、だれでも感じざるをえない。だけど、それでも正面突破をするのだろうか。原子力ムラの狂気ぶりを示しているといえばそれまでだけれども、それがどんな結果を広がるかもわかろうはずだけど、どうなんだろうか?

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 那覇・宮古にPAC3 | トップページ | 若者が無縁化する─仕事・福祉・コミュニティでつなぐ »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/54397382

この記事へのトラックバック一覧です: 官房長官、原発再稼働「地元同意、義務ではない」:

» 大飯原発再稼働問題で4閣僚協議、枝野経産相が暫定基準で福井訪問へ、橋下大阪市長が「政権持たない」 [shimarnyのブログ]
遂に橋下大阪市長が野田政権に真っ向からダメ出しをした。「絶対持たない」という真意を考えれば消費税増税どころではないのだ。 [5日 産経]橋下市長「政権持たない」 大飯原発再稼働要請方針を批判 大阪市の橋下徹市長は5日、関西電力大飯原発3、4号機(福井県)... [続きを読む]

« 那覇・宮古にPAC3 | トップページ | 若者が無縁化する─仕事・福祉・コミュニティでつなぐ »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31