« 校庭線量 非公開で緩和 文科省 昨年4月 | トップページ | 障害者総合支援法、今国会で成立へ »

2012/04/18

「被害地元」の立場で攻勢 滋賀・京都の提言

 一日遅れでニュースをクリップ。

「被害地元」の立場で攻勢 滋賀・京都の提言(東京新聞)

 滋賀県と京都府が十七日、関西電力大飯(おおい)原発(福井県おおい町)の再稼働方針を決めた政府に対し、七項目からなる原発政策の提言を発表した。いずれも急ぐ政府をいさめる内容だが、重大事故が起きれば立地自治体と同じく被害を受ける「被害地元」としての提言だ。独自に放射性物質の拡散予測を公開するなど攻勢を強めており、再稼働へのハードルは一段と高まりつつある。 (大村歩)
 「提案も踏まえつつ政府の立場についての説明を、しっかり今後していく」。藤村修官房長官は同日午後の定例会見で提言への感想を求めたが、建前論を繰り返した。
 提言は、脱原発依存への工程表を示すことや、今夏の電力需給見通しは関電の言い値ではなく、第三者委での検証を経ることなど、どれも政府に欠けているものばかりだ。
 滋賀と京都が強い調子で出られるのは、重点的に防災対策を整備する区域が従来の十キロ圏(EPZ)から三十キロ圏(UPZ)に拡大されることがある。東京電力福島第一原発事故を踏まえ拡大が決まったが、大飯原発からはいずれも圏内にかかる。
 圏内の京都府の人口は六万八千人。防災・原子力安全課の上田哲生副課長は「福井県内の三十キロ圏内人口に匹敵する。うちはいわば立地県だ」と話す。
 既に福島と同規模の事故が起きたとの想定で、大飯原発の西隣にある関電高浜原発(福井県高浜市)からの放射性物質拡散予測図を公表。内部被ばくを防ぐ安定ヨウ素剤を服用すべき地域が、京都市まで広がるとした。…

 提言そのものはこれ。
 無視できない発言でしょう、これは。さらに政権は窮地になっていくが。それでも、正面突破に挑むんだろうか。たよるは大手メディアという、おかしな図式になってしまっているのがねえ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 校庭線量 非公開で緩和 文科省 昨年4月 | トップページ | 障害者総合支援法、今国会で成立へ »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/54505805

この記事へのトラックバック一覧です: 「被害地元」の立場で攻勢 滋賀・京都の提言:

« 校庭線量 非公開で緩和 文科省 昨年4月 | トップページ | 障害者総合支援法、今国会で成立へ »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31