« 民家に女性2遺体=死後数週間、居住者か-東京・昭島 | トップページ | 消費税、一気に10%に…自民が対案提出へ »

2012/04/26

陸山会事件、小沢氏に無罪…元秘書との共謀否定

 もちろん今日は、この話でもちきりで…。

陸山会事件、小沢氏に無罪…元秘書との共謀否定(読売新聞)

 陸山会事件で政治資金規正法違反(虚偽記入)に問われた小沢一郎民主党元代表(69)に対し、東京地裁は26日午前、無罪(求刑・禁錮3年)の判決を言い渡した。
 大善文男裁判長は、元秘書による虚偽記入は認定したが、元代表の共謀については「虚偽記入に当たると元代表が認識していたことが十分に立証されていない」として否定した。元代表は野田首相が目指す消費増税に強く反対している。党内最大勢力を率いる元代表に無罪が出たことで、首相の政権運営に影響が出るのは必至だ。
 検察官役の指定弁護士は控訴するかどうか慎重に検討する。2009年の検察審査会法改正で導入された強制起訴制度での判決は2件目で、いずれも1審無罪となった。元代表の周辺では同制度を批判する声が上がっており、今後、見直しの議論が高まる可能性がある。
 小沢元代表は04年10月の土地取引の際、土地代金として同会に貸した現金4億円の不記載や、代金支出を04年分ではなく05年分の政治資金収支報告書に計上することについて、同会元事務担当者・石川知裕衆院議員(38)(1審有罪、控訴)や後任の池田光智被告(34)(同)から報告を受け、了承したとして起訴された。
 判決はまず、石川、池田両被告が、4億円の現金提供が判明して政治的に不利に働くことを避けるため、故意に虚偽記入を実行したと認定。その上で、元代表についても「4億円の不記載などの報告を受け、了承していた」と一定の関与を認め、指定弁護士が共謀の成立を主張したことを「相応の根拠がある」とした。
 しかし、これらの不記載や記載時期の先送りが虚偽記入になることを「元代表は認識していなかった可能性がある」とし、虚偽記入の故意がないため共謀は成立しないと結論づけた。
 ただ、元代表が公判で「収支報告書は一度も見ていない」と述べたことについては「およそ信用できない」と指摘。「政治資金規正法の精神に照らして芳しくない」と元代表の政治姿勢を批判した。…

 判決の骨子はこれになる。

 メディアはセンセーショナルに報道するけれども、ここは冷静に議論しないといけない。判決は、「事実に反する報告書で検審の判断を誤らせることは決して許されない」と非難したが、だけど、事実の認定はどうなのか。
まず、四億円の虚偽記載は認定している。この四億円の出し入れを小沢事務所がいわば隠そうとしたということだ。また、その政治資金報告については小沢さんは報告をうけていて、了承しているということも認定している。つまり、小沢さんの関与は認めている。いいかえれば政治責任の所在はあきらかだということ。無罪としたのは、共謀や指示していたことは認定できなかったというだ。ここは大事だと思うけど。
 ちゃんと、小沢さんには説明してもらわないと。

 追加では、「検察庁が十分調査し対応することが相当だ」と言っているわけだけど、やっぱり検察の問題はある。すでに捜査段階で、十分な証拠が存在しなかったのかもしれないけれども、そういう捜査も含め、もっと明らかにされるべきことも大きいのかなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 民家に女性2遺体=死後数週間、居住者か-東京・昭島 | トップページ | 消費税、一気に10%に…自民が対案提出へ »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/54567524

この記事へのトラックバック一覧です: 陸山会事件、小沢氏に無罪…元秘書との共謀否定:

« 民家に女性2遺体=死後数週間、居住者か-東京・昭島 | トップページ | 消費税、一気に10%に…自民が対案提出へ »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30