« 奨学金1万人滞納 金融・信販会社に登録 | トップページ | 大震災と教育: 被災3県からの“声”が、日本の教育に提起するもの »

2012/03/17

海兵隊定員2万1千人 2011年在沖、3千人増

 沖縄の負担軽減をいうとき、これまでもさまざまな誤魔化しがおこなわれ、結局、一貫して、基地の強化だけが進んできたという歴史がある。今回も、さまざまな策が弄されているという感じ。

海兵隊定員2万1千人 2011年在沖、3千人増(琉球新報)

 玄葉光一郎外相は16日の衆院安全保障委員会と沖縄北方特別委員会で、在沖海兵隊の定員数について、2011年の段階で米側から2万1千人という説明を受けたことを明らかにした。日本政府は現在、在日米軍再編の見直し協議を行っているが、これまで説明してきた定員数1万8千人より定員数が増加したことで、06年の米軍再編ロードマップ通りに8千人が県外に移転したとしても1万3千人が沖縄に残留することになりそうだ。赤嶺政賢氏(共産)、照屋寛徳氏(社民)に答えた。
 玄葉外相は「沖縄に残る海兵隊の数は基本的に06年のロードマップの時と変わりがないようにという協議をしている」と述べ、沖縄に残る海兵隊は1万人と強調した。政府はこれまで、1万8千人の在沖海兵隊のうち、8千人とその家族9千人の計1万7千人が沖縄から出ることで沖縄の負担軽減につながると説明。だが、定員数の増加が明らかになった上、現在の米軍再編見直し協議でもグアムに移転する海兵隊数は8千人から4700人に縮小することになっており、負担軽減の根拠が崩れた形だ。
 新たな定員数を明らかにしなかったことについて、玄葉外相は「本当に毎年のように変わっている」と釈明。「その都度できるだけ頻繁に定員増減について発表したらという問題意識であれば、考えなくてはいけない」と述べ、定員数の公表を検討する考えを示した。……

 これまでも、実際に、沖縄にどれだけの海兵隊員がいるということなど、公表されたことはない。定員が1万8000と言っても、ある程度の部分は、演習で海外に展開しているわけだから、結局、ある時点でいる海兵隊員の数は、1万人ていどという言い方もされてきた。となるとグアム移転でほんとうに負担軽減になるのかもうたがわれていたのだ。今度は定数が増えているという問題。となると、沖縄の基地は強化されているのだろうか? なぜ、この間、定数が増えているのか? その説明もはっきりしない。そして、実際にどれだけ、沖縄の外にでるのかもはっきりしない。ただ、数字だけがいろいろあげられるのだけれども、そこでは、負担軽減はへたをすれば置き去りにされかねない。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 奨学金1万人滞納 金融・信販会社に登録 | トップページ | 大震災と教育: 被災3県からの“声”が、日本の教育に提起するもの »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

まさかとは言い切れませんが、定員数の単なる水増しに過ぎないなんて
ことは無いでしょうね?
それも、沖縄県民ばかりでなく日本国民を騙すための口実なんてことでは
無いでしょうね?

常識的に考えれば、それなりのキャパシティ等によって定員数というものが
決まってくるもので、それが、ころころ変わるなんてことは考えられるもので
はございませんよね。
実数については、状況に応じて変化することはあるものの、原則として定員数
を下回ることはあっても、これを上回ることだけは考えられませんよね。
一般的に、鉄道等の乗車定員にしても、映画館や劇場等での収容人数に
しても、座席数等によって決められ、何らかの設備改修や増設等の対策が
なされない限り、定員数が増えたりすることは考えられませんよね。
沖縄での海兵隊にしても同じことが言えるのでは無いかとも考えられるのですが、
それなら、3,000人もの増加という根拠というのは、どういう根拠で増えたのかと
言うそれなりの説明があっても良いのではとも考えられるのですが?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/54241802

この記事へのトラックバック一覧です: 海兵隊定員2万1千人 2011年在沖、3千人増:

« 奨学金1万人滞納 金融・信販会社に登録 | トップページ | 大震災と教育: 被災3県からの“声”が、日本の教育に提起するもの »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31