« 児童手当法改正案を可決=衆院厚労委 (これが生む支持率) | トップページ | 検証!テレビは原発事故をどう伝えたか? の放送中止 »

2012/03/22

大飯原発再稼働、枝野経産相が福井県に要請へ

 事故の検証もまともじゃないし、実際に福島が収束したわけでもないのに、どうするんだ。

大飯原発再稼働、枝野経産相が福井県に要請へ(読売新聞)

 枝野経済産業相が4月上旬にも福井県を訪れ、定期検査で停止中の関西電力大飯原子力発電所3、4号機(福井県おおい町)の再稼働の地元同意を求める方向で政府が調整に入った。
 大飯原発の安全が確認されるのが前提だが、4月中に再稼働に向けた一連の手続きを終え、今夏の電力需給見通しに反映させたい考えだ。
 大飯原発の安全確認を巡っては、原子力安全委員会がストレステスト(耐性検査)の1次評価を了承する報告書を週内にもまとめる。経産省原子力安全・保安院は月末までに、原発近くの活断層で地震が起きた場合の影響について結論を出す。経産相の訪問は、政府がこれらを踏まえ、首相と経産相ら関係3閣僚が再稼働に向けた安全性を政治判断するのが前提だ。

 政治判断という言葉の何ともいえない意味合い(苦笑)。

 ちょうどネットでは「フクシマのうそ」というドイツのドキュメンタリーが話題になっている。嘘で固められた原発、考えるべきことに蓋をし続けてきた政治のうそを告発する。
 書き起こしもふくめて、映像はここにある。
 そのうそと、政治判断ということの背後にあるのは、結局、原子力ムラというものの闇の深さだと思う。

Cd134a4f228cdc841e6871bb3ea078d1 なんやかんやで、『原発にしがみつく人びとの群れ』という冊子というか、ブックレットを読み直す。国民の七割の反対を前にしても、政府は原発の再稼働をすすめようとしている。事故のまともな検証もなされないにもかかわらず、「安全」を強弁する。“原子力ムラのペンタゴン”――財界・政界・官僚・御用学者・巨大メディアの五角形勢力は今なお原発にむらがっている。
 この間、さまざまな角度から議論されてきた”原子力ムラ”だが、その規模は巨大で、その闇は圧倒的に深い。この本は、雑誌『前衛』連載に大幅に加筆をくわえたもので、彼らの全体像を、豊富で、しかも誰にでも知ることができる資料を使って、平易に明らかにしてくれる。この”ムラ”の解体こそが、原発ゼロにむけて決定的に重要であると認識させてくれる。原発ゼロの運動に、すぐに役立ち、その前進の力となるおすすめの一冊であるなあと、ほめてみる。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 児童手当法改正案を可決=衆院厚労委 (これが生む支持率) | トップページ | 検証!テレビは原発事故をどう伝えたか? の放送中止 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/54283514

この記事へのトラックバック一覧です: 大飯原発再稼働、枝野経産相が福井県に要請へ:

« 児童手当法改正案を可決=衆院厚労委 (これが生む支持率) | トップページ | 検証!テレビは原発事故をどう伝えたか? の放送中止 »

無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31