« 第32軍司令部壕、記述削除再検討を アピール採択 | トップページ | ハンセン病強制隔離の実態 神戸のグループが映画化 »

2012/03/18

「大学無償化」国連人権規約を協議へ 外務省が留保撤回

 先日、国会で、宮本たけしさんの質問にこたえて言っていたことだけど。まずは、この恥ずかしい状態から前進の契機にしていかないとなあ。

「大学無償化」国連人権規約を協議へ 外務省が留保撤回(朝日新聞)

 外務省は、大学や高専など高等教育の段階的無償化を求めた国際人権規約の条項について、30年余り続けてきた留保を撤回する方針を固めた。文部科学省などと協議して手続きを進める。授業料の減額や返還不要の奨学金の導入など、条項に沿った施策に努めることを国際社会に示す意味合いがある。ただ、現状で具体策は示されていない。
 規約は1966年に国連総会で採択。日本は79年に批准したが、「高等教育は、無償教育の漸進的な導入ですべての者に均等に機会が与えられるものとすること」などとする条項は留保。「国公立で無償化が進めば私立と格差が生じる」と説明してきた。留保は約160の締約国のうち日本とマダガスカルだけで、国連は2001年に撤回を日本政府に勧告していた。
 撤回については、民主党に政権交代後の10年1月、当時の鳩山由紀夫首相が施政方針演説で目標に掲げた。その後、高校授業料の実質無償化、奨学金の対象の拡大や各大学の授業料減免措置など、学生を経済支援する取り組みが広がっているとして、外務省は「留保撤回の状況は整った」と判断。玄葉光一郎外相は、今年2月の衆院予算委で撤回を明言し、「状況を事務方から聞いて、そういうことであれば撤回しては、と判断して指示をした」と答弁した。

 だけど、より根本的には、こうした人権規約の要請する水準にふさわしい政治がおこなわれること、世界の標準にはやく追いつくこと。いまだ、高学費が放置され、すすんでいるだけではなく、一方で、給付制の奨学金すらないのだからねえ。奨学金の充実をゆうならまずやるべきことはそこだろうなあ。
 近所のお父さん、お母さんとおしゃべりしていても、まず話題になるのは、おそろしい程の高学費。みんな苦労しているよほんとに。だけど、それがどんどん家庭にも本人にも重荷になる。そして、とにかく働かなきゃとなっていく。ブラック企業はいつまでたってもなくならない理由の1つになる。
 そういう根本的な問題の解決が求められているということを政府は認識してほしいし、しっかり声をつきつけていかないといけないと思うなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 第32軍司令部壕、記述削除再検討を アピール採択 | トップページ | ハンセン病強制隔離の実態 神戸のグループが映画化 »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/54250161

この記事へのトラックバック一覧です: 「大学無償化」国連人権規約を協議へ 外務省が留保撤回:

« 第32軍司令部壕、記述削除再検討を アピール採択 | トップページ | ハンセン病強制隔離の実態 神戸のグループが映画化 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31