« 日韓の正しい未来志向的関係に水を差す 野田総理の日本軍「慰安婦」制度に対する歴史認識を糾弾し 真相究明と法的責任履行などを早急に履行することを求め | トップページ | ソニー期間社員に“春” 解雇撤回 正社員で再就職へ会社と団交し合意 »

2012/03/29

32軍壕説明板問題 県と委員が意見交換、文言復活は拒否

 さすがに、かなり疲れていたのか、ひと仕事終わると、疲れがどっと出てしまいました。この年になると、やはり、身体の芯から疲れが滲み出るような感じですね。それで、今日は休みをもらって、一日、完全休養にしました。何も考えずに、マンガを読んで、ドラマを見て(笑い)。食事をつくって。まあ、家事はね。
 そんでもって、今日のニュースからは、32軍壕問題のニュースのクリップです。

32軍壕説明板問題 県と委員が意見交換、文言復活は拒否(琉球新報)

 旧日本軍第32軍司令部壕説明板から県が「慰安婦」「住民虐殺」などの文言を削除した問題で、文案をまとめた設置検討委員会(池田榮史委員長)の委員4人と県環境生活部の下地寛部長は28日、県庁内で意見交換した。検討委は県が23日に説明板を首里城公園に設置したことなどに強く抗議し、文言の復活を求めたが、下地部長は「説明板は十分だ」と述べ文言復活は拒否した。翻訳英文の誤用については修正する考えを示した。
 検討委は今後、ほかの研究者や証言者を加え、公開の場で下地部長と協議する場を設ける方針だが、下地部長は難色を示している。
 下地部長は検討委が説明文に「慰安婦」などを盛り込んだことに対し「さまざまな文献を読んだが確証は持てない。根拠を示してほしい」と迫った。
 それに対し検討委は「数々の証言がある」とした上で「文言削除や説明板の設置前にこのような議論があるべきだった。県は不誠実だ」「研究者が知見や研究成果を基にまとめた内容に確証を持てないとして部長が覆せるなら何のための検討委か」などと批判した。
 懇談終了後、池田委員長は「結論ありきでかたくなだ。公開の場で議論を整理することに何の問題があるか」と首をかしげた。下地部長は「『慰安婦』などを盛り込んだ根拠を聞きたかったが納得いく説明はなかった。県が最終判断することも最初に伝えていたはずだ」と話した。…

 この部長って一体何ものなのだろうか?

551565_352866248089400_100000980843 抗議声明を検討委のメンバーがだしている。それが写真。クリックすると全文が読めるよ。


 問題の説明文はこうだ。

第32軍の創設と司令部壕の構築
 1944(昭和19)年3月、南西諸島の防衛を目的に、第32軍が創設されました。同年12月、司令部壕の構築がはじめられ、沖縄師範学校など多くの学徒や地域住民が動員されました。1945(昭和20)年3月、空襲が激しくなると、第32軍司令部は地下壕へ移動し、米軍との決戦にそなえました。
 壕内は五つの坑道で結ばれていましたが、現在、坑口は塞がれ、中に入ることはできません。

第32軍司令部壕内のようす
 司令部壕内には、牛島満軍司令官、長勇参謀長をはじめ総勢1000人余の将兵や県出身の軍属・学徒、女性軍属などが雑居していました。戦闘指揮に必要な施設・設備が完備され、通路の両側には兵隊の二、三段ベッドが並べられました。壕生活は立ち込める熱気と、湿気や異様な臭いとの戦いでもありました。

第32軍司令部の南部撤退
 1945年5月22日、日本軍司令部は、沖縄島南部の摩文仁への撤退を決定しました。本土決戦を遅らせるための、沖縄を「捨て石」にした持久作戦をとるためでした。5月27日夜、本格的な撤退が始まり、司令部壕の主要部分と坑口は破壊されました。司令部の撤退にともなう、軍民混在の逃避行のなかで、多くの将兵と住民が命を落とすことになってしまいました。5月31日首里は米軍に占領されましたが、沖縄戦によって、首里城正殿をはじめとする琉球王国の歴史を物語る貴重な文化遺産は失われてしまいました。

 英中ハングルもあわせてここにある。
 学問的な検討も無視する。そんなことを沖縄の県は、本土の政治から学んだのだろうか?

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 日韓の正しい未来志向的関係に水を差す 野田総理の日本軍「慰安婦」制度に対する歴史認識を糾弾し 真相究明と法的責任履行などを早急に履行することを求め | トップページ | ソニー期間社員に“春” 解雇撤回 正社員で再就職へ会社と団交し合意 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/54340847

この記事へのトラックバック一覧です: 32軍壕説明板問題 県と委員が意見交換、文言復活は拒否:

« 日韓の正しい未来志向的関係に水を差す 野田総理の日本軍「慰安婦」制度に対する歴史認識を糾弾し 真相究明と法的責任履行などを早急に履行することを求め | トップページ | ソニー期間社員に“春” 解雇撤回 正社員で再就職へ会社と団交し合意 »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30