« 機密費使途不開示訴訟:官房機密費、一部の情報開示命令 相手特定されぬ文書--大阪地裁判決 | トップページ | 高2の2割「抑うつ傾向」 道教委調査 »

2012/03/24

県、32軍壕説明板を設置

 結局、強行されてしまった。話し合いをおこなう前にだ。これはもう歴史の偽造・「修正」であろう。

県、32軍壕説明板を設置(沖縄タイムス)

 県は23日、第32軍司令部壕説明板を那覇市の首里城公園内に設置した。外部の検討委員が作った文案から、「慰安婦」「住民虐殺」を削除したままの文章になっている。検討委員は文言復活を求め、県の下地寛環境生活部長と28日に協議する予定だった。協議前の設置に「信義に反する」と反発している。
 23日午後、県担当者や那覇市の文化財担当者が立ち会う中、制作企業が設置した。企業側からこの日に設置したいと打診があり、県が了承した。
 協議を控えた時期の設置について、県平和・男女共同参画課は「委員が求める文言は確証がなく、復活が難しいことは変わらない。支払いの面からも、年度内に事業を完了する必要があった」と説明した。
 文案を作った検討委員会は、協議の申し入れ文書で設置時期を尋ねていたが、連絡はなかった。池田榮史委員長(琉大教授)は「話し合いでいい方向を探りたいと思っていたが、先に設置されてしまった。文言を断りなく削ったボタンのかけ違いが、ずっと続いている」と嘆いた。
 村上有慶委員は「事務的に設置して終わりたいという感覚で、沖縄戦を真摯(しんし)に伝える姿勢がみられない。問題はさらに大きくなった」と批判。「委員として、説明文に責任を持てない。抗議するとともに、書き換えを求めることになるだろう」と話した。……

 写真はこれ。琉大の山口さんがとったやつ。
 何をもって、確証がないと県はいうのか? 慰安所にしても、虐殺にしても、これだけ、調査も進み、文書の発見もすすんでいるというのに……。これまで、いくたびとくり返されてきたこの歴史「修正」の攻撃をのりこえ、県民の記憶として確認してきた沖縄で、なぜ、いま「県」がこんなことをやるのか、その理由が知りたいと思う。抗議して、書き換えをすすめなけれいけない。県民はこれを絶対に認めないと思う。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 機密費使途不開示訴訟:官房機密費、一部の情報開示命令 相手特定されぬ文書--大阪地裁判決 | トップページ | 高2の2割「抑うつ傾向」 道教委調査 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/54297757

この記事へのトラックバック一覧です: 県、32軍壕説明板を設置:

« 機密費使途不開示訴訟:官房機密費、一部の情報開示命令 相手特定されぬ文書--大阪地裁判決 | トップページ | 高2の2割「抑うつ傾向」 道教委調査 »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30