« 教育に競争、米つまずく 橋下流政策に10年先行 | トップページ | 防災訓練2012 »

2012/03/04

海辺の町に生き続ける~南三陸町の一年~

 今日の、ETV特集。ずっと、ちゃんとみれたわけではないのだけど。いろいろ仕事をしながら、見ていた。やっぱり胸がつぶれそう。

0304_04b タコ漁で全国的に知られる宮城県南三陸町。東日本大震災により、町の風景が一瞬にして失われた。良港を作り上げたリアス海岸が、逆に津波の被害を大きくした。
 絶望の中にあった人々は、震災から時間を経るなか、少しずつ自らを奮い立たせてきた。湾内のがれきを撤去してタコ漁を再開させた夏、港には漁師たちを迎える町民たちの姿があった。稲の収穫が終わった秋、町を流れる川には、数年前に放流した鮭(しゃけ)が、いつもの年と同じように遡上(そじょう)を始めた。雪が降る冬、海の上にあがる初日の出をみつめる人々の姿。震災直前、町民憲章に「海のように広い心で、魚のようにいきいき泳ごう」との言葉を選んだ人たちは、一年をどのように迎えるのか。
 南三陸町の海の町に生きる人たちの一年を見つめる。

 この1年、ボクは何をしてきただろうか。3・11から数日後、ボクは福島に向かった、ファトジャーナリスト、そして、被災地でふんばる政治家に連絡をした。あまり寝ない日をすごして、その月の号をつくった。その次には、災害救援について詳しい精神科医の京都にいるN先生に連絡をとって、京都に向かった。それがはじまりだった。

 1年たった、南三陸の記録を見ながら、どれだけ被災地によりそってきたのかを問う。その喪の哀しみを受けとめ、ともに歩んできたのだろうか、と。すくなくとも、政治は、向き合うことはなかった。
 哀しみによりそい、ともに生きる、そのなかでこそ希望があるのだと。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 教育に競争、米つまずく 橋下流政策に10年先行 | トップページ | 防災訓練2012 »

政治」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/54142362

この記事へのトラックバック一覧です: 海辺の町に生き続ける~南三陸町の一年~:

« 教育に競争、米つまずく 橋下流政策に10年先行 | トップページ | 防災訓練2012 »

無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30