« 総合こども園:関連法案の骨子決定 今国会に提出へ | トップページ | 風評被害:福島から避難の子供、保育園入園拒否される 人権救済申し立て/山梨 »

2012/03/03

自民党の憲法「改正」原案

 自民党の改憲案の原案が報道されている。05年の「改正」案など、この間いくつかの案なるものが出されているが、ちょっとおどろくような内容にもなっている。

 たとえば前文。

自民党の憲法改正原案 前文(産経新聞)

 【前文】
 わが国は、長い歴史と固有の文化を持ち、日本国民統合の象徴である天皇を戴(いただ)く国家であり、国民主権の下、立法、行政および司法の三権分立に基づいて統治される。
 日本国民は、この伝統ある国家を長く子孫へと引き継いでいかなければならない。
 わが国は、先の大戦による荒廃から不断の努力により復興し、今や国際政治の場において重要な役割を果たすまでに至っている。
 日本国民は、平和主義と国際協調に徹し、諸外国との友好関係を増進させ、民主主義を基調とする世界の平和と繁栄のために貢献する。
 また、国や地域や家族を責任感と気概を持って自ら支え、基本的人権を尊重し、互いに助け合い、心豊かな社会を形成する。
 また、教育や科学技術を振興し、美しい国土と地球環境を保全しつつ、活発な経済活動を行うことにより、国や地方を発展させる。
 日本国民は、誇り高いわが国を維持し、成長させ、継承するため、ここに、主権者として、この憲法を制定する。

 その他の条文もここに。
 一読して、極端な保守主義、国家主義、プラス自己責任、そして要としての平和条項の否定……。

 どこかの新聞で、長谷部さんが、実質、あまり大きな変化はないと物議をもようすようなことを言っていたけど、やっぱりこれは、憲法の骨格を根本的にかえるもの。これを彼らは本気で国会に提案してくるつもりなのだろうか。
 ここまで、極端な保守主義にしがみつつ、求心力を発揮しなければならないところに、いまの自民党の深刻さがあらわれているのだろうけれどもね。これが、まだ、今後の政党間の駆け引きのどんな要素になっていくのだろうかね。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 総合こども園:関連法案の骨子決定 今国会に提出へ | トップページ | 風評被害:福島から避難の子供、保育園入園拒否される 人権救済申し立て/山梨 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/54129140

この記事へのトラックバック一覧です: 自民党の憲法「改正」原案:

« 総合こども園:関連法案の骨子決定 今国会に提出へ | トップページ | 風評被害:福島から避難の子供、保育園入園拒否される 人権救済申し立て/山梨 »

無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30