« がれき処理を考える…… | トップページ | まいるという言葉 »

2012/03/12

孤立死:市民団体が関係自治体に公開質問状 実態究明で

 記者会見は行きたかったけど、目の前の仕事が忙しく、いけなかった。

孤立死:市民団体が関係自治体に公開質問状 実態究明で(毎日新聞)

 貧困問題の解決に取り組む「生活保護問題対策全国会議」など3団体は12日、札幌市やさいたま市、東京都立川市などで相次いで発覚した孤立死や餓死について、関係自治体に対し、実態究明のための公開質問状を出した。現地でのヒアリング調査も行い、再発防止策も提言する予定。
 同会議は「餓死や孤立死が相次ぎ、極めて異常な事態。貧困が拡大しているのにセーフティーネットが機能していない」としている。公共料金の滞納などの事実関係や、亡くなった人たちが受けていた福祉サービスや生活保護の相談への対応などを尋ねている。
 また、同会議は同日、厚生労働省が生活保護の不正受給対策の一環として、各自治体の福祉事務所に暴力団員と疑われる者の早期発見などのため警察官OBの配置を積極的に検討するよう求めていることに対し、「保護行政から住民を遠ざけ、餓死や孤立死を増やす」として厚労省に撤回を申し入れた。

 いま、実際にこの問題の実態がどうなっているのか? いそいで全容を明らかにする必要がある。まずは、民間の、全国「餓死」「孤立死」問題調査団が発足されたのは、注目される。
 まずは、いま生活保護をつかいがってのいいものに、効果的なものにどうするのかが緊急過大だ。だけど不正受給キャンペーンがおこなわれ、福祉事務所への警察官OB積極配置がすすめられようとしている。その撤回を求める要望書も重要。

 公開質問状などは、まだ、手に入っていないので。明日は、生活保護の医療費(一部)自己負担問題を考える 18:30~20:00、航空会館7F http://t.co/ViiUu7OG

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« がれき処理を考える…… | トップページ | まいるという言葉 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/54207766

この記事へのトラックバック一覧です: 孤立死:市民団体が関係自治体に公開質問状 実態究明で:

« がれき処理を考える…… | トップページ | まいるという言葉 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31