« 特集ワイド:内閣府参与を辞任、湯浅誠さん 「入って」みたら見えたこと | トップページ | 桜田淳子 伝説の青い鳥~歌声の軌跡 »

2012/03/31

日本原燃:MOX工場建設、来週中にも再開 再処理試験、5月下旬以降 /青森

 昨日のニュースだけど、こんなニュースを聞くと、驚きを通り越して、目まいがしてくる。いったいどうなっているのだろうか?

日本原燃:MOX工場建設、来週中にも再開 再処理試験、5月下旬以降 /青森

 商業用では国内初となるウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)燃料工場(六ケ所村)の建設工事再開について、日本原燃の川井吉彦社長は30日の定例記者会見で「来週中にも再開したい」と発表した。東日本大震災の影響で中断されていたが、約1年ぶりの再開となる。一方、当初1月下旬にも予定した使用済み核燃料再処理工場の稼働試験再開は早くても5月下旬にずれ込むと表明した。
 工場の建設費は約1900億円。一昨年10月に着工、冬季の工事休止後、11年春先に再開する予定だったが、震災のため中断していた。隣接の再処理工場で全国各地の原発から搬入される使用済み核燃料からプルトニウムを取り出し、ウランと混ぜ合わせて、MOX燃料を年間最大130トン製造。MOX燃料を国産化し、原発でプルサーマル発電の燃料として再利用する計画。
 MOX工場の完成は4年後の16年3月を予定していたが「1年間工事を中断した。いずれかのタイミングで見直しをしなければならない」と述べ、延期は避けられないとの認識を示した。再処理工場の今年10月完工も「非常に厳しい状況だ」と述べた。……

 第一に技術的に完成されていない危険な道だということ。そして、第二に膨大な資金の無駄遣いだということ。さらに、今回、はじめてしったんだけど、この日本原燃の筆頭株主は、東電であり、代表取締役社長は東電出身者でるということ。彼らは、プルサーマルも高速増殖炉も手放してはいないということか。そんな東電のやりようななぜ放置をされるのか?ほとんど理解できない事態。こんなの許されるはずがない。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 特集ワイド:内閣府参与を辞任、湯浅誠さん 「入って」みたら見えたこと | トップページ | 桜田淳子 伝説の青い鳥~歌声の軌跡 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

何とも驚くような、とんでもない話ですね。
本来なら、中曽根大震災のような過ちを二度と引き起こさない
ためにも、日本はもう幾らでも衰退し、ただひっそりとした国と
なっても構わないのだから、原発のような物騒なものに頼ることの
無い社会に変えて行かなくてはならないことは当然のことですよね。
だが、国内にある原発を全て停止したとしても、残った使用済み核燃料
は、当面の間は冷やし続ける必要もあり、その後についても考えると、
下手に核武装しよう等と馬鹿なことを考えているとしたら、たまったもので
は、ございませんよね。
ならば、一層のこと、東電が保有している日本原燃の株式を、アメリカに
でも売却してはどうでしょうか。
併せて、原子力村を全てアメリカにでも売却し、アメリカの配下で、そっと
静かに後始末をして貰うと同時に、原発を必要としている国があれば、
使用済み核燃料と共に、原子力村にしがみつく連中と共に、幾らでも日本
からとっとと追い出してしまうということは如何でしょうか?
それが日本の国益となるばかりか、アメリカにとっての国益となると同時に
使いまわしして頂いた国にとっての国益に繋がることになるのなら、これに
越したことも無いのでは無いかとも、つくづく感じるところではございますが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/54354194

この記事へのトラックバック一覧です: 日本原燃:MOX工場建設、来週中にも再開 再処理試験、5月下旬以降 /青森:

« 特集ワイド:内閣府参与を辞任、湯浅誠さん 「入って」みたら見えたこと | トップページ | 桜田淳子 伝説の青い鳥~歌声の軌跡 »

無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30