« 若者の雇用 深刻な状況浮き彫りに | トップページ | 昨日のニュースの若者の資料 »

2012/03/19

“正社員”餌に残業100時間 「マジで無理…」首つり

 一方で、あの産経新聞で、こんな連載がおこなわれていたとは……。

“正社員”餌に残業100時間 「マジで無理…」首つり [karoshi過労死の国・日本](産経新聞)

 「本人には悪いが、息子は就職戦線での“負け組”でした」。長男を「過労自殺」で亡くした父親は、そう言葉を絞りだした。
 平成20(2008)年8月2日朝、村井義郎(65)=仮名=は兵庫県尼崎市の自宅で長男、智志=当時(27)、仮名=の変わり果てた姿を見つけた。スーツのズボンに白い肌着という出勤時に着る服装のまま、首をつっていたという。
 智志は、死のわずか4カ月前に「正社員」になったばかりだった。それまでの5年間を、アルバイトなどの非正規労働者として働きながら就職活動に費やしていたのだ。
 智志が大学を卒業したのは、就職氷河期まっただ中の15年3月。前年10月時点での就職内定率は、64・1%だった。いまや24年3月の卒業予定者で59・9%というさらに厳しい時代を迎えているが、当時でも智志は3年生から応募を始め、書類選考だけで落とされ続けたという。
 ようやく面接にこぎつけた会社からは、容姿をけなされる“圧迫面接”を受け、自信を失ったこともあったが、希望は捨てなかった。義郎を安心させたいという思いが強かったのだろう。回り道の末に採用が決まったとき、智志は「やっと正社員になれたよ」と笑顔で報告している。……

 こんなブラックな企業はざらにあるのだろうなあ。そして、雇用はこのように底が抜けている。産経の連載を全部読んだわけではないし、この記事は、西日本版しかのっていないようだけど。
 だけど、若者の雇用の実態が、ここまで共有されるほど、深刻になっているのは事実。問題は、どうたたかうか。どう支えるか。だ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 若者の雇用 深刻な状況浮き彫りに | トップページ | 昨日のニュースの若者の資料 »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

コメント

企業としてみれば、確かに利益追求が大切なことであることは分からないわけではない
ものの、自分達の利益のことしか考えない企業というものの本質が現れておりますね。
良心的な企業であれば、社員を大切にした上で、利益を公平に分け合い、取引先を始め
投資家等の関係者にも利益を還元すると共に、税金や社会保険等の負担にも喜んで
応じてあげることを通して、皆が幸せに暮らせる社会に貢献することで、安定した収益と
利益を齎すことで、存続して行くと共に、必要があれば海外にも進出したり、海外からの
外国人労働者も幾らでも受け容れたりもすれば、そこで働く従業員の皆様にとっては、
金銭的には満足行かないところはあったとしても、こうした悲惨な目に遭うことは少なく
なるのでは無いでしょうか。
それが、良心的でない企業等に収斂されて、良心的な企業程、経営的に余裕が無くな
り、不安定な状況等に追い詰められてしまっている現状が齎されていることに、物凄く
悲しく虚しいとしか言い様が、ございませんね。

それこそTPPに参加するのであれば、大企業に対する法人実効税率を80%にまで引き
上げ、中堅企業から中小企業に対しては、その分、減税する等の配慮した上であれば、
幾らでも賛成しても良いのでは無いでしょうか。

良心的で無い自分達の利益のことしか考えない企業なら、アメリカにでも行って同じ様な
ことをすれば、それこそ幾らでも法的に訴えられてしまうどころか、「恥を知れ」と言われて
相手にされること無く、踏み潰されてしまうことでは無いでしょうか。
中国にでも行けば、いざとなれば、わざと騙されたふりをして、幾らでも反日感情をぶつけら
れるばかりでなく、そこで働く日本人従業員も皆殺しにされて、悲惨な目に遭うことは予想
されますよね。
いずれにしても、世界的に見れば、極めていい迷惑なんてものでは無い害毒以外の何もの
でも無いと思えば、自明のこととしか言い様がありませんよね。

ならば一層のこと、良心的な企業に対しては、幾らでも協力出来るところは協力し、利益に
貢献してあげると共に、安定した収益をあげて、付加価値の向上によって、末永く存続する
ことが出来る様にしてあげる反面で、良心的で無い企業に対しては、それこそ騙されたふり
をして、海外に出て行きたければ、「どうぞご勝手に」ということで幾らでも追い出すと共に、
それについて行くしかない社員も引き連れて、とっとと追い出すと共に、腹の底であざ笑い
ながら、幾らでも悲惨な目に遭わせて見捨てられてしまうことを願って、そっと静かに知らない
ふりをするというのは如何でしょうか。

そうすることで、日本経済は急成長することは期待出来ないのだし、国際競争力も喪失して
弱体化し、ただひっそりとした国となってしまうのは致し方無いものの、良心的な企業を中心
として、環境分野をはじめ、農林水産業や社会福祉等の分野を中心に新たな雇用が創出さ
れ活性化していくと共に、失業や生活保護等で困っている人が幾らでも救われると共に税収
や社会保険等の増加によって、財政赤字の削減に繋がるばかりか、地域経済の活性化に
よって、東京や大阪等の人口は減少する一方で、地方の人口が増加するばかりでなく、少子化
や過疎化等にも歯止めがかかり、安心して子育てが出来るばかりでなく、高齢者にとっても
健康で長生き出来る社会となれば、此れほど喜ばしいことは無いのでは無いでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/54260588

この記事へのトラックバック一覧です: “正社員”餌に残業100時間 「マジで無理…」首つり:

« 若者の雇用 深刻な状況浮き彫りに | トップページ | 昨日のニュースの若者の資料 »

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31