« 32軍壕説明板問題 県と委員が意見交換、文言復活は拒否 | トップページ | 宜野湾市基地被害110番 苦情4倍に »

2012/03/29

ソニー期間社員に“春” 解雇撤回 正社員で再就職へ会社と団交し合意

 ちょっと時間が経ったけど、うれしいニュースをクリップしておこう!

ソニー期間社員に“春” 解雇撤回 正社員で再就職へ会社と団交し合意 労組仙台支部「団結と支援のおかげ」(しんぶん赤旗)

 震災を口実とした期間社員の雇い止め撤回を求めていたソニー労働組合仙台支部(電機連合加盟)は28日、宮城県多賀城市のソニー仙台テクノロジーセンターで団体交渉を行いました。ソニーは期間社員が働いていた光学フィルム製造部門の売却を発表していましたが、期間社員が再就職で正規雇用に転換できるまで責任を持つことで合意しました。
 組合側は事実上、雇い止めを撤回させ、組合員が納得できる解決を勝ち取れたとしています。正式な調印は29日に行われます。
 ソニーの一部事業売却は、正式契約が5月下旬がめどとなっていますが、6月末までは期間社員を現在の職場で雇用継続し、再就職をあっせんします。
 6月までに再就職が決まらない場合でも、ソニー孫会社(清掃業務)の正社員として仙台工場内で雇用しながら、無期限で再就職あっせんを続けます。期間社員がこれまでの専門性を生かせないことになっても労働条件に納得できれば、そのまま働き続けることも可能です。
 ソニーは昨年4~5月、震災を口実に仙台工場の期間社員150人全員に雇い止めを通告。22人がソニー労組に加入し、毎月雇用延長しながら解雇撤回を求め協議を続けていました。現在、組合に加入しているのは12人です。
 期間社員のほとんどは「偽装請負」や派遣の期間も含め、ソニーで5年以上も正社員同様に働いており、「正社員になる権利がある」と主張していました。リーマン・ショック後、派遣から直接雇用の期間社員に転換した労働者のほとんどが、2年11カ月以内に雇い止めにあっているなか、正規雇用に転換させる道を開いた重要な成果です。…

 この事件は、日本の雇用が、流動化されていないということではなく、あまりにも無法に解雇されるようになっていることを示したもの。だからたたかうことの大切さは痛感させられる。
 だけど、たたかいはまだ一部だ。たたかえない人が、こまっている人が、そのまわりにはたくさんいる。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 32軍壕説明板問題 県と委員が意見交換、文言復活は拒否 | トップページ | 宜野湾市基地被害110番 苦情4倍に »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

放射線と被ばくの問題を考えるための副読本 福島大学 放射線副読本研究会 12年3月

 NPJで紹介されています。
福島県内の学校現場で新たな「安全神話」が県教委を通じて広げようとするる動きが顕著と思います。福島大学教員有志による副読本作成は「被災地の大学人としての良心」の発露といえるでしょう。一方福島県内では、福島大学教員やこの副読本作成に関して批判する動きもあり、心配な状況と思います。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/54341000

この記事へのトラックバック一覧です: ソニー期間社員に“春” 解雇撤回 正社員で再就職へ会社と団交し合意:

« 32軍壕説明板問題 県と委員が意見交換、文言復活は拒否 | トップページ | 宜野湾市基地被害110番 苦情4倍に »

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31