« 県、32軍壕説明板を設置 | トップページ | ある子供 イゴールの約束 »

2012/03/24

高2の2割「抑うつ傾向」 道教委調査

 北大の傳田さんたちが、ずっと主張されていることだけど、その最新の調査から。

高2の2割「抑うつ傾向」 道教委調査(読売新聞)

 道教委は22日、道内の高校2年生の約2割が抑うつ傾向にあるとする北海道学校保健審議会(会長=長瀬清・道医師会長)の「児童生徒の心の健康に関する調査報告書」を公表した。
 調査は2011年7~8月、札幌市を除く道内の公立学校から80校を無作為に抽出、小学3、5年生、中学2年生、高校2年生の児童・生徒計3735人を対象に実施した。「抑うつ傾向にある」と判定された割合は全体で12・4%で、小学生の2学年は約4%だったが、中学生では13・3%、高校2年生では19・4%に上り、年齢とともに高くなる傾向があった。高校2年生で「抑うつ傾向」と判定されたうち、4・2%が「重度うつ」とされた。
 調査は簡易判定であり、医師の診断による「うつ病」とは異なるが、北海道大の伝田健三教授(児童精神医学)は「うつ病の予備軍であることは事実であり、学校現場での対策を考えていく必要がある」と指摘している。

 いろいろ調べたけど、ネットにはまだ、この調査はないなあ。だけど、できれば調査そのものを読んだ方がよさそうだな。
 うつは症状が多様化しているという議論もあった。子どもの抑うつの傾向は10年ほど前から傳田さんたちが調査されていたけど、たぶん多様化しているだけではなく、広がっているのだろうし、さらに重症化しているようにも思える。少し、過去の調査とも比較して、そのあたりもしっかり認識したほうがいいような感じがする。むかし、いろいろ調べたんだけどなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 県、32軍壕説明板を設置 | トップページ | ある子供 イゴールの約束 »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/54300160

この記事へのトラックバック一覧です: 高2の2割「抑うつ傾向」 道教委調査:

« 県、32軍壕説明板を設置 | トップページ | ある子供 イゴールの約束 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31