« 3.11新たな高校教育政策フォーラム | トップページ | ネットワークでつくる放射能汚染地図5 埋もれた初期被ばくを追え »

2012/03/11

反原発デモに5000人=震災の犠牲者に黙とう-台湾

 3・11から1年。やっぱりいろいろ考えるつらい1日でもある。

 だけど、ニュースを見ていて、ちょっとおどろいたり、考えさせられたりするのが、韓国と台湾での反原発の集会のひろがり。

原発なき韓国 実現を ソウル5000人集会 福島の被災者参加(東京新聞)

 ソウル市中心部の市庁舎前広場で十日、東京電力福島第一原発事故から一年に合わせ、「脱原発」を訴える集会が開かれた。韓国内の七十余りの市民団体でつくる「核のない社会のための共同運動」が企画し、市民ら五千人以上が参加した。
 集会では東日本大震災発生時に福島市内に住み、現在は母親と京都市内で避難生活を送る阿部ゆりかさん(10)=小学校四年=も壇上でマイクを握った。
 ゆりかさんは原発事故発生後にガソリン不足で避難が遅れたことを説明。被ばくした不安や仕事で福島県内に残る父親と離れて暮らす寂しさを訴えた後、韓国語で「大人たちに聞きたいです。私は何歳まで生きられますか。私は結婚できますか」と問い掛けると、会場は重苦しい空気に包まれた。
 参加した環境団体の任昭姫(イムスヒ)事務局長は「事故から一年たった今も、避難生活を強いられている皆さんにお見舞い申し上げる。原発の事故や安全性は世界的な問題だ。子どもたちのために、韓国は原発推進の方針を転換すべきだ」と、脱原発を政府に働き掛けていく考えを強調した。
 韓国では二十一基の原発が商業運転し、電力の三割以上を原発に依存。福島第一原発事故後も二基の新設を許可するなど、原発推進を明確にしている。

反原発デモに5000人=震災の犠牲者に黙とう-台湾(時事通信)

 東日本大震災から1年を迎えた11日午後、台湾の台北では大規模な反原発デモが行われた。60を超える環境保護団体などが参加し、主催者発表によると約5000人がデモ行進した。参加者らは地震が発生した時間に、犠牲者に1分間の黙とうをささげた。
 参加者らは台北市内の中心部をデモ行進し、東京電力福島第1原発事故の悲劇を繰り返さないよう、稼働中の台湾の原発3カ所(原子炉計6基)の即時廃炉のほか、新規稼働を目指して台北郊外に建設中の原発(同計2基)の計画撤回を求めた。デモは台北のほか、台中と高雄でも行われた。

 もちろん原発事故の被害は国境を越える。そういう意味では、連帯や運動の情報交換はだぶんだいじなんだろうなあ。東京では日比谷や井の頭、さらには各県で、いろいろな集会がおこなわれた情報を、うらやましく思いながら、見て連帯。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 3.11新たな高校教育政策フォーラム | トップページ | ネットワークでつくる放射能汚染地図5 埋もれた初期被ばくを追え »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/54199536

この記事へのトラックバック一覧です: 反原発デモに5000人=震災の犠牲者に黙とう-台湾:

« 3.11新たな高校教育政策フォーラム | トップページ | ネットワークでつくる放射能汚染地図5 埋もれた初期被ばくを追え »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30