« <はたらく>職業訓練を条件に支給 求職者支援制度 懸念の声 | トップページ | 海兵隊定員2万1千人 2011年在沖、3千人増 »

2012/03/17

奨学金1万人滞納 金融・信販会社に登録

 奨学金の問題は、このブログで、何度も書いているけれども、やはり深刻な数字だなあこれは!

奨学金1万人滞納 金融・信販会社に登録(朝日新聞)

 日本学生支援機構(旧日本育英会)の奨学金制度で、返還滞納者の個人信用情報機関への登録が1万件を超えたことがわかった。金融機関や信販会社に情報が提供されるため、「ブラックリスト化」とも呼ばれる。機構や大学から奨学金を受ける学生の割合も増えており、機構の調査で初めて5割を超えた。
 機構は、2010年度末時点で123万1378人に総額1兆118億円を貸し出し、3カ月以上の滞納額は約2660億円に上る。回収強化のため、10年度から3カ月以上の滞納者の情報を信用情報機関に登録し始めた。一度登録されると、返し終えても5年間残り、クレジットカードや住宅ローンの利用が制限される可能性がある。
 機構によると、10年度の登録件数は4469件、11年度は今年2月現在で5899件で計1万368件に達した。

 これだけの高学費と、経済状況なんだから、教育ローンにほかならない二種の奨学金が、激増だ。5割だものね。一方で、仕事がないから卒業後、返せない。それでもブラックリストなどをつくって、取りたている。まさに、貧困ビジネスへと制度が変化している。それがすべて、若者とその家族におおいかぶさっれ行く。

 先日、宮本たけし議員が、国会で、大学の非常勤講師が年収約160万円という生活保護基準にも達していない低収入なのに約63万円もの支払いを請求されているなど「返したくても返せない」実例を指摘し、高木義明文部科学相も「返済はかなり厳しいと思う」と認めざるを得なかったわけだけど、返還猶予期間を5年などと区切るのではなく、年収300万円に達するまでは猶予するなど実情を踏まえた制度にするようなことも考えればいい。これを実現するのは172億円ていどのおカネで出きる。政党助成金の半分ほどではないか? F35を2機やめればいい。
 ただちにできる問題なのだから、なんとかできないのだろうか?

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« <はたらく>職業訓練を条件に支給 求職者支援制度 懸念の声 | トップページ | 海兵隊定員2万1千人 2011年在沖、3千人増 »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/54241682

この記事へのトラックバック一覧です: 奨学金1万人滞納 金融・信販会社に登録:

« <はたらく>職業訓練を条件に支給 求職者支援制度 懸念の声 | トップページ | 海兵隊定員2万1千人 2011年在沖、3千人増 »

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31