« 福島は訴える 「くらし」「子育て」「なりわい」を原発に破壊された私たちの願いと闘い | トップページ | 返せぬ奨学金、返還訴訟が急増 背景に若者の困窮 »

2012/02/18

VOICE「米国流教育改革の落とし穴」

 大阪のTV局、MBSのVOICEっていう番組が、アメリカを取材して、アメリカの教育改革の失敗から、大阪の教育基本条例を批判する番組を放映して、興味深かった。16日はワシントン、17日はニューヨークだ。
 その内容は、まずは、ワシントンのミシェル・リー教育長の”ダメ”教師を追い出す教育改革で、学力テストの結果が悪かった学校が、23閉校になり、250人以上が解雇された。その進行はやがて、財政赤字を理由にした解雇へtpすすんでいく。
 その大元は、NCLB法、いわゆる落ちこぼれゼロ法にある。小4と中2で学力テストが導入され、それをもとに学校間競争が強化され、教師への管理・統制を強めていく…。だけど、その結果は、どんどん学校がへり、子どもたちが学校から追い出されていくということになっていく。結局、アメリカでもその見直しがすすんでいる。

 考えてみれば、その大元は、サッチャーの教育改革であり、その改革の見直しもイギリスではすすんでいる。
 この番組に、橋下さんは相当おこっているようだ。だけど、その主要な点は、あつかった条例案が以前のもとであること(しかし、本質はかわらない)と、改革にはいい面と悪い面の両方がある。いい面をみないといけないというもの。それはあまりに筋違いだろうと思う。
 もう1つは、これは大阪だけの問題ではない。こういう教育改革の方向は、そもそも文科省のそれと大きくわかるものではないし、実際に、全国でそういう傾向の改革がすすんでいる。そういう意味では、全国の問題としてうけとめるべきだ。もちろん、大阪がもっともむごくすすめなれているわけだけど…。

 youtubeで、アップされているのはここ。
 結構、おもしかった。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 福島は訴える 「くらし」「子育て」「なりわい」を原発に破壊された私たちの願いと闘い | トップページ | 返せぬ奨学金、返還訴訟が急増 背景に若者の困窮 »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/54015603

この記事へのトラックバック一覧です: VOICE「米国流教育改革の落とし穴」:

« 福島は訴える 「くらし」「子育て」「なりわい」を原発に破壊された私たちの願いと闘い | トップページ | 返せぬ奨学金、返還訴訟が急増 背景に若者の困窮 »

無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30