« 老齢加算廃止は合憲 生活保護 最高裁が初判断 | トップページ | 障害者支援法の改正案了承 民主、廃止・無料化見送る――厚生労働省案ではなぜダメなの »

2012/02/29

除染の一部、国負担せず 重点地域 年5ミリシーベルトで線引き

 ボクの住む町も、汚染状況重点調査地域である。しかし、なんだよこれは?

除染の一部、国負担せず 重点地域 年5ミリシーベルトで線引き(東京新聞)

 東京電力福島第一原発事故で放射性物質に汚染され、除染費用が「原則国負担」となる汚染状況重点調査地域について、環境省が関係自治体に対し、放射線量が比較的低い場所では一部の除染作業を国負担の対象外とする方針を示したことが分かった。首都圏では栃木、茨城、群馬、埼玉、千葉の五県五十一市町村が重点地域に指定されているが、そのすべてで一部対象外とされる可能性が出てきた。
 重点地域は、自然界から受ける以外の被ばく放射線量が年間一~二〇ミリシーベルトと見込まれる地域で、実際の除染作業は自治体が担当。費用についてはこれまで、原則として国が負担するとされていた。
 しかし、環境省が一月下旬、指定自治体に送った文書では、地域内でも追加被ばく線量が「高い地域」と「低い地域」を分けるとし、低い地域では民家の庭の表土除去などが国負担の対象外になっていた。
 高低区分の基準について、同省は本紙の取材に「年間追加被ばく線量がおおむね五ミリシーベルト」と回答。この基準では、高い地域は福島や宮城県内の自治体だけになる。
 方針を決めた理由は「除染事業の内容を練る中で、線量が低いのに、高い地域と同じように国費で負担する必要はないと考えた」としている。
 各地で除染が本格化する矢先に「例外」を持ち出してきた国に対し、千葉県の柏、野田など九市は、民家の庭の表土除去も国が費用負担することなどを盛り込んだ要望書を、環境省に提出した。…

 うちの町だって、すでに除染関連で2億円のお金がつぎ込まれている。しかし、まだ、国や東電からのお金が来ているわけではない。こんな条件がだされたら、民有地などの除染はぜんぜんすすまなくなる。ただでさえ農地などが多い地域で、かつ、そこは子どもたちの生活圏であったりするのに。
 そもそも、除染にしろ、復興にしろ、国の対策の遅れがあまりにも目につく。自治体は体制がなく、いろいろなことがすすまないわけだけれども、同時に、国がほんとうにお金をだしてくれるのかという思いがある。実際に、こんな文書がだされたら、地方がより動けなくなる。ほんとに、ひどい話だと思う。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 老齢加算廃止は合憲 生活保護 最高裁が初判断 | トップページ | 障害者支援法の改正案了承 民主、廃止・無料化見送る――厚生労働省案ではなぜダメなの »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/54108997

この記事へのトラックバック一覧です: 除染の一部、国負担せず 重点地域 年5ミリシーベルトで線引き:

« 老齢加算廃止は合憲 生活保護 最高裁が初判断 | トップページ | 障害者支援法の改正案了承 民主、廃止・無料化見送る――厚生労働省案ではなぜダメなの »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30