« 岩波書店の縁故採用 | トップページ | 障害者新法:厚労省法案概要、内閣府部会が反発 »

2012/02/08

単身女性32%が「貧困」 20~64歳、国立研究所分析

 今日のニュース。

単身女性32%が「貧困」 20~64歳、国立研究所分析(共同通信)

 単身で暮らす20~64歳の女性の3人に1人が「貧困状態」にあることが国立社会保障・人口問題研究所の分析で8日、分かった。生活の苦しい人の割合を示す「相対的貧困率」が32%だった。単身の20~64歳男性は25%で、女性の苦境が際立っている。
 同研究所の阿部彩(あべ・あや)部長は「以前から女性が労働環境で置かれている地位は低く、貧困状態も女性に偏る傾向がある」としている。
 厚生労働省の2010年の国民生活基礎調査のデータを基に同研究所が分析。相対的貧困率は国民1人当たりの可処分所得を高い順に並べ、真ん中となる人の所得額(中央値)の半分に満たない人が全体の中で占める割合を示す。10年調査では年間の可処分所得112万円未満の人が該当する。
 65歳以上の単身で暮らす女性の貧困率は47%で、やはり男性の29%よりも高かった。
 また、19歳以下の子どもがいる母子世帯の貧困率は48%だった。
 阿部部長は「最近は若い男性にも貧困が浸透しており、若年層に向けた国の雇用対策が課題となる」としている。

 ここ数年、単身者を中心とした貧困率の増大は、阿部さんたちが、いろいろな場所で、発言していたり、白書などにも盛り込まれてきたものだけど。
 昨年末には、2007年のデータにもとづいた記事が朝日新聞に掲載されていた。
単身女性、3人に1人が貧困 母子世帯は57%
 今回は、政権交代後の2010年のデータにもとづくもので、大きく特徴は変わっていないが、細部は少し変化している。
 ただ、貧困対策、社会的包摂のとりくみは、政権交代後も十分であるとは決していけない状況で、深刻である。こういうデータは、具体的に、どのような対策が求められるのかの重要なデータにはなるので、いろいろくわしいものがより知りたいところ。単身の、女性、母子家庭、若者、高齢者というのが、重要なポイントとなるのだろうな。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 岩波書店の縁故採用 | トップページ | 障害者新法:厚労省法案概要、内閣府部会が反発 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/53932589

この記事へのトラックバック一覧です: 単身女性32%が「貧困」 20~64歳、国立研究所分析:

« 岩波書店の縁故採用 | トップページ | 障害者新法:厚労省法案概要、内閣府部会が反発 »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30