« 60年代のリアル | トップページ | 運命の人 »

2012/02/05

米高官、普天間固定化やむなし 日本に伝達、沖縄の反発必至

 普天間問題は大きく揺れている。先日の日米協議の報道をうけ、今日の沖縄二紙の社説は次の通り。
沖縄タイムス=[「普天間」見直し]固定化は責任の放棄だ
琉球新報=グアム移転見直し 再編改悪は容認できない

 琉球新報の社説は言う、「回避すべき最悪の筋書きは(1)普天間飛行場の固定化(2)辺野古移設計画の維持(3)嘉手納より南の土地返還凍結-を含む米軍再編の改悪だ。これは断じて容認できない」「日本政府は対米追従、県民置き去りの愚策を繰り返してはならない。県民も日米の政策意図、動向を冷静に見極め、粘り強く改善を求めていく必要がある」。

 こんなニュースもあった。

米高官、普天間固定化やむなし 日本に伝達、沖縄の反発必至(共同通信)

 在沖縄米海兵隊のグアム移転計画見直しをめぐり、米政府高官が1月末、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題の停滞を直ちに打開するのは困難で、普天間を当面現状維持するしかないとの考えを日本側に伝達、「固定化」はやむを得ないとの認識を示していたことが5日、分かった。日米関係筋が明らかにした。
 両政府は在沖縄海兵隊約8千人のうち4700人をグアムに先行移転させ、前提条件となっていた普天間移設と切り離すことで既に合意。米高官が普天間の継続使用方針を日本側に明確に伝えたことで、普天間が置き去りになる可能性がさらに膨らんだ形となり、地元沖縄の反発は避けられない。

 これは絶対に沖縄は許さない。だけど、アメリカも1つではない。沖縄にいすわる道理もない。沖縄を手放さない勢力、米軍と一体でいたい勢力。これが、沖縄の前にいる。
 そのたたかいの前進のためにも宜野湾の選挙が重要だ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 60年代のリアル | トップページ | 運命の人 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/53911074

この記事へのトラックバック一覧です: 米高官、普天間固定化やむなし 日本に伝達、沖縄の反発必至:

« 60年代のリアル | トップページ | 運命の人 »

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31