« 32軍壕説明板 「壕内に多くの女性」 戦争体験者 丁寧な検証訴える | トップページ | 教師のしごと (泣いて、笑って、ちょっぴり笑顔) »

2012/02/25

避難したくてもできない 1/3 福島の妊婦、乳幼児家庭

 ちょっと前、21日のニュース記事なんだけどね。ちょっとクリップ。

避難したくてもできない 1/3 福島の妊婦、乳幼児家庭(東京新聞)

 福島第一原発事故による放射能汚染問題で、宇都宮大の阪本公美子准教授らが福島県内の乳幼児と妊婦のいる家庭を対象に実施したアンケート調査で、雇用への不安などから避難をためらっている世帯があることが分かった。二十日、同大が開いた会見で発表した。
 調査は、昨年四月に同大が発足させた「福島乳幼児・妊産婦支援プロジェクト」の一環。昨年八月に福島県内の子育て支援団体を通じて三百世帯にアンケート用紙を配布。同十月までに二百三十八世帯から回答があった。
 それによると、「放射能汚染で子育てに関して不安はあるか」との質問に約九割にあたる二百十八世帯が「はい」と回答。そのうち三分の一以上の七十六世帯の人が「避難を考えているが、周囲のさまざまな事情があり避難できない」と答え、その理由として引っ越しにかかる資金問題、避難先での就労問題などを挙げた。
 また、家族の同意が得られずに避難できないケースもあり、「夫が放射線量の低い地域に避難するつもりがない」「家族の中で意見が分かれてしまい、不安な毎日です」と悩みを書き込む人もいた。
 また、この日同大で行われたパネルディスカッションに、観客として参加していた福島県庁の職員は「自主的に避難した人のほとんどは、本当に逃げて良かったのかと悩み、決断に自信を持てないでいる。避難先では周囲が温かく迎えてあげることが重要だ」と意見を述べた。

 この福島乳幼児・妊産婦支援プロジェクトのHPはここ。

 残った人の、不安。そして、避難した人の困難。想像を絶するものがあるのだと思う。
 そして、後者の避難している人の相談会が、今日、あった。とすねっと主催のもの。弁護士さんたちが、FBでいろいろ報告をしていた。そんななかに、次のような話があった。

 その方は,原子力災害対策特別措置法に基づき,関東に避難されている方でした。 東京電力に電気料金を支払いたくない,とおっしゃいました。 その方に対して,東京電力は,「電気料金を支払わないのなら電気を止める」と通知してきました。 静かに,静かに,その方は怒りを爆発させていました。(西田美樹弁護士)

 実際には、避難者の思いなんて、東電はまったく顧みようとしない。被害者の思いによりそわない加害者、企業犯罪っていつもそうなんだよなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 32軍壕説明板 「壕内に多くの女性」 戦争体験者 丁寧な検証訴える | トップページ | 教師のしごと (泣いて、笑って、ちょっぴり笑顔) »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/54076980

この記事へのトラックバック一覧です: 避難したくてもできない 1/3 福島の妊婦、乳幼児家庭:

« 32軍壕説明板 「壕内に多くの女性」 戦争体験者 丁寧な検証訴える | トップページ | 教師のしごと (泣いて、笑って、ちょっぴり笑顔) »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31