« 民主党政権の変質と憲法をめぐる攻防の新段階 | トップページ | 「辺野古は実質不可能」知事意見骨子が判明 »

2012/02/16

調査は“恐怖政治”共産・志位氏が橋下市長批判

 橋下市長のアンケートがやっと一般メディアもとりあげるようになってきたようだ。

調査は“恐怖政治”共産・志位氏が橋下市長批判(テレビ朝日)

 共産党の志位委員長は、大阪の橋下市長が市の職員に対して政治活動に関するアンケート調査を行っていることについて、痛烈に批判しました。
 共産党・志位委員長:「ファッショ的な独裁政治、恐怖政治以外の何ものでもない」
 橋下市長は、今月11日から16日まで市のすべての職員を対象に「労使関係に関するアンケート調査」を行っています。志位委員長は、これが政治活動や組合活動の実態を調べる「思想調査」にあたると指摘し、「業務命令」で強制的に行われているのは、「憲法違反だ」と厳しく批判しました。共産党はアンケートの中止と回収されたデータの廃棄を求めています。

 大阪市のアンケート調査の中止を求める会長声明というのも大きなことだと思うなあ。

 しっかり対峙しなければいけないなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 民主党政権の変質と憲法をめぐる攻防の新段階 | トップページ | 「辺野古は実質不可能」知事意見骨子が判明 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/54001942

この記事へのトラックバック一覧です: 調査は“恐怖政治”共産・志位氏が橋下市長批判:

« 民主党政権の変質と憲法をめぐる攻防の新段階 | トップページ | 「辺野古は実質不可能」知事意見骨子が判明 »

無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30