« 99%の反乱―ウォール街占拠運動のとらえ方 | トップページ | 国歌起立条例、修正協議へ…大阪市議会 維新と公明、自民 »

2012/02/23

八重山教科書:竹富教委、寄贈で調達へ

 今日はもう遅いので、気になったニュースのクリップを

八重山教科書:竹富教委、寄贈で調達へ(沖縄タイムス)

 八重山地区の中学公民教科書問題で、文部科学省から東京書籍版を使用する場合は「無償措置の対象外」とされている竹富町教育委員会(竹盛洋一委員長、委員5人)は22日、臨時会を開き、一般住民からの寄贈で同版教科書を調達することを決めた。だが個人の教科書購入は通常、無償給付が終了した4月中旬以降。新学期に間に合わない懸念も出ており、県教育庁は「新学期に確実に教科書が届くよう、可能な限りの対策をとる」と同町を支援していく姿勢を示した。
 同町教委は寄贈受け入れについて、新学期に間に合わせるための暫定的な措置とし、国には今後も無償給付を訴えていくことも確認した。その上で竹盛委員長は「新学期に教科書を間に合わせることが第一目標」と強調し、具体的な給付方法については「県の助言を受けながら進めたい」とした。
 町の来年度の新中学3年生は21人で、教科書の購入費用は約1万5千円。国が同町を「無償対象外」とした昨年10月以降、町教委には県内外から寄付や寄贈の申し出が相次いでいる。
 県教育庁義務教育課は「国が無償給与すべきだとの立場は変わらない」とした上で、同町の判断を尊重するとの見解を示した。さらに「同町の生徒たちが、新学期に教科書が間に合わない事態は避けなければいけない。他市町村と同様に教科書を届けるための働きかけは惜しまない」としている。

 結局、この問題は、時間切れとなり、竹富は、寄贈という形で、東京書籍の教科書が配られるということか…。だけど、全体にこんな形でも、政治家と国と地方の一部の政治勢力が一体となった教育への不当な介入を許してはいけない。
 石垣や与那国の子どもたちが被っているものを忘れてはいけない。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 99%の反乱―ウォール街占拠運動のとらえ方 | トップページ | 国歌起立条例、修正協議へ…大阪市議会 維新と公明、自民 »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/54059212

この記事へのトラックバック一覧です: 八重山教科書:竹富教委、寄贈で調達へ:

« 99%の反乱―ウォール街占拠運動のとらえ方 | トップページ | 国歌起立条例、修正協議へ…大阪市議会 維新と公明、自民 »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31