« 改悪教育基本法から6年、3・11から1年、一緒に考えてみませんか 東京の教育 | トップページ | 【石原新党】基本政策判明「皇室は男系男子」「国軍保持」 »

2012/02/04

妻が「3号被保険者」、年収900万円超世帯の7割以上

 たしかにね、日本の社会保障の制度は根本から検討することがさけられないと思うよ。だけどね。

妻が「3号被保険者」、年収900万円超世帯の7割以上(朝日新聞)

 「専業主婦優遇」との指摘がある国民年金の「3号被保険者」制度をめぐり、会社員の夫の年収が高いほど、妻が3号の適用を受けている割合が高いことがわかった。夫の年収が900万円以上の場合で、7割を超えた。政府の男女共同参画会議の有識者グループが調べた。
 3号被保険者は、配偶者が勤め人で、本人が週30時間未満の就労で年収130万円未満の場合、保険料を納めなくても将来に国民年金がもらえる制度。3号ではない妻は、自分で国民年金や厚生年金などに入って保険料を払う必要がある。
 2010年の国民生活基礎調査に基づく集計では、妻が3号の割合は、夫の年収が900万円以上で73%だったのに対し、300万円以下では32%にとどまった。この結果について、有識者グループは「3号制度は女性の社会進出を制限するだけではなく、高所得層に恩恵が偏っており、見直しが必要だ」としている。…

 たしかに3号保険という制度は冷静に考えるといろいろ問題がある。だけど、こういうふうに三号保険一般が問題とされてしまうと、3号保険をなくして、困るのは、やっぱり収入の少ない層だと思うよ。そもそも、3号保険も含め、日本の制度が、ヨーロッパとくらべて、企業負担を少なくする仕組みになっていることと、応能負担の原則がつらぬかれていないことにあるということがはっきりしているのだから。そういう方向での制度変更を議論することを横に置いて、この問題だけをとりあげてもしかたがないわけでね。だけど、こういうふうな統計の取り方をしても、富裕層が恩恵をふけるような、所得の再分配の仕組みの崩れがおこっているということなんだろうなあ。そういうなかでの、不満をしっかりうけとめいとね。
 同時に、こういう仕組みがなりたったのは、その層の男性労働者を徹底して長時間労働に従事させるってことも明確にあったわけで、それもいろいろガタがきているのだから、その問題をどうするのかっていう議論も、地に着いたものにしないとね。ワークライフバランスなんて、もう何年も言われているけれど、リアリティある議論にほんとうにしていかないと。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 改悪教育基本法から6年、3・11から1年、一緒に考えてみませんか 東京の教育 | トップページ | 【石原新党】基本政策判明「皇室は男系男子」「国軍保持」 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/53903506

この記事へのトラックバック一覧です: 妻が「3号被保険者」、年収900万円超世帯の7割以上:

« 改悪教育基本法から6年、3・11から1年、一緒に考えてみませんか 東京の教育 | トップページ | 【石原新党】基本政策判明「皇室は男系男子」「国軍保持」 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31