« 教育と福祉が出会うとき | トップページ | 濱ちゃん「解雇するスキル・・・なんかなくてもスパスパ解雇してますけど」 »

2012/02/27

独居高齢者の自宅死亡倍増 全国的統計なく実態不明

 無縁社会という言葉が流行って、すでに2年になるのだろうか。すっかり注目されなくなったけれども、現実は何も変わっていないどころか、いっそう深刻になっていることが、この間の、孤立死事件で痛感させられる。

独居高齢者の自宅死亡倍増 全国的統計なく実態不明(東京新聞)

 誰にもみとられずに亡くなり、時間がたって発見される「孤立死」。明確な定義はなく、全国的な統計も存在しないため、実態は分からないのが現状だ。
 死後、時間が経過してから見つかった遺体は、警察が死因調査や身元確認のために死体見分をする。昨年一年間に全国の警察が行った死体見分は十五万体以上に及ぶが、警察庁の幹部は「このうち、いわゆる孤立死に当たる遺体がどのくらいあるのかは、把握できていない」と話す。
 警察の要請で東京二十三区内の死因不明遺体の死因を調べている都監察医務院は、独り暮らしで六十五歳以上の人の死亡場所を公表している。
 このうち自宅で見つかり、孤立死の中でも「孤独死」に当たる人は、二〇〇二年は千三百六十四人。その後増え続け、一〇年は二千九百十三人に。同院の担当者は「すべてが孤独死かどうかは分からないが、独り暮らしの人が自宅で亡くなっているのが見つかった場合、多くが孤独死と考えられる」という。
 発見者の三分の一は家族で、福祉関係者が17%、管理人は14%だった。
 しかし、同院には、さいたま市で餓死した三人や立川市の障害児のケースのように、独居ではない世帯の全員が死亡した孤立死に関するデータはない。……

 これは何も、大都会だけの問題では決してない。数日前には次のような報道もあった。

「孤独死」最多574件 鹿児島県警11年高齢者検視(南日本新聞)

 鹿児島県警が2011年に行った独居高齢者(65歳以上)の検視数が619件と前年より149件増え、過去最多を更新したことが24日、県警のまとめで分かった。このうち自殺を除き、誰にも看取られずに亡くなる「孤独死」も9割以上を占める574件(前年比159件増)とこれまでで最も多かった。死後数日以上経過し、遺体の損傷が激しかった遺体は50件を超えた。
 県警によると、11年の検視総数は2339件。前年より96件増となり、総数も過去最多を更新した。内訳は病死1544件、自殺436件、自過失140件、他殺12件など。
 独居高齢者は619件(男性289件、女性330件)と急増。検視数全体の26.46%を占め、前年比5.51ポイント高くなった。1カ月以上経過したような遺体はなかったという。
 県警は「死因はほとんどが病死。独居高齢者の検視数増加が全体数を押し上げている」としている。自殺は45件だった。

 この間、さまざまな警告を発する調査はおこなわれている。河合先生の、『大都市のひとり暮らし高齢者と社会的孤立』というような著作も出されている。
 単に一人暮らしだけの問題ではなく、高齢者世帯の孤立化を指摘する調査も少なくない。そして、そういう孤立世帯では、生活意欲の減退という問題も生じている。
 だけど、介護保険をはじめとした、制度自体が、まったく追いついていない。そして、そうした制度とタイアップしたような、高齢者を社会からこぼさないような、社会的な運動も求められる。
 個人的にも、ボクのまわりにも、実家で、高齢者だけで生活していることは、少なくない。どう支えていくのか、現実には個人的な対応では容易でないことがらにもなっているのだけれども……。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 教育と福祉が出会うとき | トップページ | 濱ちゃん「解雇するスキル・・・なんかなくてもスパスパ解雇してますけど」 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/54091641

この記事へのトラックバック一覧です: 独居高齢者の自宅死亡倍増 全国的統計なく実態不明:

« 教育と福祉が出会うとき | トップページ | 濱ちゃん「解雇するスキル・・・なんかなくてもスパスパ解雇してますけど」 »

無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30