« 岩国へ海兵隊分散案 米、普天間補修費も要求 | トップページ | 岩波書店の縁故採用 »

2012/02/07

福島第一2号機、温度依然高いまま

 やっぱりドキドキする。これはどういうことなのか?

福島第一2号機、温度依然高いまま(朝日新聞)

 東京電力は7日、福島第一原発2号機の原子炉の温度は同日午前10時現在で69.0度で、依然として高止まりの状態が続いていると発表した。未明に注水量を増やし、引き続き経過を観察している。
 2号機原子炉圧力容器の底の温度は50度前後だったのが今月に入って急上昇し、5日ごろから70度前後に達している。このため、7日未明に核分裂反応が連鎖する再臨界を防ぐため、ホウ酸水を注入したうえで、午前4時24分に注水量を1時間あたり3トン増やし、毎時13.5トンにした。6日午後11時現在の温度は69.9度、7日午前5時は72.2度だった。……

 結局、よくわからないんだよなあ。なぜ、下がんないんだ? これはお昼の時点で、その後、まだ新しい情報はないのかな。状況はやっぱりよくわかってないから、まだ、まったくといっていいほど、コントロールができないのが実情。いいかえれば、何がおこるか、いろいろな可能性があるということ。「冷温停止状態」というよくわからない事態認識の虚構性がうきぼりになっている。

 だから、ドキドキする。しっかり、注視するしかないのか。だけど、安易な収束宣言にもとづく、対応はやめなければいけないと思うけど。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 岩国へ海兵隊分散案 米、普天間補修費も要求 | トップページ | 岩波書店の縁故採用 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/53927144

この記事へのトラックバック一覧です: 福島第一2号機、温度依然高いまま:

« 岩国へ海兵隊分散案 米、普天間補修費も要求 | トップページ | 岩波書店の縁故採用 »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31