« 子ども・子育て新システム:最終案決定 地方負担、決着せず | トップページ | 防衛省、宜野湾市長選の講話提出 局長、自公候補支援を示唆 »

2012/02/01

米議員が大統領に書簡 4氏、在沖海兵隊撤退求める

 日本では、ほんとうにわけのわからないことばかり続いている。あの防衛局長、名護の選挙でも講和をしていたそうだ。沖縄防衛局長の更迭不可避=名護市の選挙でも「講話」-自公、防衛相の責任追及(時事通信)
 アメリカでは、逆に、在沖米軍基地の撤退をもとめる議論がどんどん活発化している。大事なあ。

米議員が大統領に書簡 4氏、在沖海兵隊撤退求める(琉球新報)

 米民主党の重鎮、バーニー・フランク下院議員ら4議員が、オバマ大統領に在沖海兵隊の撤退などを求める書簡を31日までに送付した。米政府は財政再建のための国防費を今後5年間で約2600億ドル(約20兆円)削減する方針で海外の米軍基地の整理縮小も予想されており、「実際の脅威に国防費を充当させるべきだ」との同議員らの提案は反響を呼びそうだ。
 フランク議員は24日、「アメリカへ米軍基地に苦しむ沖縄の声を届ける会」訪米団長の山内徳信参議院議員らに対し「戦後67年も海兵隊が駐留しているのは驚きだ」と述べたほか、本紙の取材に対してオバマ大統領に在沖海兵隊撤退を進言する考えを示していた。
 25日付の書簡で、フランク議員らはオバマ政権が目標とする最大10万人の兵力削減について「イラク戦争やアフガニスタンでの戦闘行為は終結しており、不必要な大規模展開を回避すればもっと削減できる」と指摘。欧州とアジアへの配備を見直すことで国防費の大幅削減が実現できるとした。その中で「特に在沖海兵隊は、資金面の負担や同盟国日本との対立の要因になっているにもかかわらず、精査がよく行われないまま駐留が継続されている」と指摘。欧州での駐留同様、軍事費削減のため冷戦時の米軍配置を見直すよう求めている。
 同書簡に署名したのはフランク議員のほか、ラッシュ・ホルト、バーバラ・リー、リン・ウールシーの3議員。……

 今日は、ちゃんと書簡を掲載しているブログを紹介。
 これも、ちゃんと読んでおこう。

 ちなみに、先日のタイムスの記事はこれ。フォーブスはこれ。
 日本でも、ちゃんとした議論をひろげないとなあ。恥ずかしい状態だな、ほんとに。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 子ども・子育て新システム:最終案決定 地方負担、決着せず | トップページ | 防衛省、宜野湾市長選の講話提出 局長、自公候補支援を示唆 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

アジアの私たちの軍隊のうちのいくつか、同様に特に、沖縄の私たちの海兵隊は、よく考えのない基地上で配置されます、資金調達での、および私たちの日本の同盟国に対する敵意を引き起こすことでの相当なコストの目的。

エキサイト翻訳にて直訳した中の一部分ですが、アメリカにして見れば
日米合意に基づく沖縄海兵隊の辺野古への移転にこだわる姿勢そのもの
こそが、日本と敵対しかねない重大な懸念となるばかりか、沖縄県民にとって
も、とんだ迷惑な存在でしか無いとも受け取られる様に感じるのですが。
だとすれば、仮に何処かのドラマであった様な変な間抜け話みたいなことでも
仕出かされては、それこそアメリカはおろか、中国や北朝鮮、韓国、ロシア等
の近隣諸国からしても、とんだ迷惑極まりないばかりでなく、沖縄県民の皆様
をはじめ日本国民全体にとっても、たまったものではありませんよね。
沖縄県民の皆様にとっては、それこそ辺野古移設なんかもう諦め、必要最低限
の負担は受け容れるものの、沖縄県外移設によって、日本全体で負担を分かち
合うことが出来れば、これに越したことはありませんよね。

アメリカにとっては、日本を属国扱いしている訳では無い以上、日米安保を乗り越え
経済的には、日本は中国と共にアメリカ国債を保有し、アメリカ経済を支えてあげて
いると言う面もあるところを思えば、それこそ、中国で言うところの経済的な冊封関係
に近い形でのより対等な友好関係を築いて行くことを通して、アメリカに対する国益の
半分は中国や韓国に譲ってあげると共に、中国に対する国益の半分はアメリカや韓国
に譲ってあげるようにすることで、アジア太平洋地域全体の平和と安定に寄与すること
が出来るように、共に支え合い、助け合い、分かち合うことが出来れば、此れ程喜ばしい
ことはありませんよね。

そのための第1歩として、TPP交渉に参加して行くことで、韓国での米韓FTA協定について
も学べるところは学びながら、中国に対しても、お互いに良いお手本として示してあげる様
に出来れば、これにこしたことは無い分けだし、日本経済は幾らでも衰退し、ただひっそり
とした国となっても、少なくとも国際社会から袋たたきにされることは回避できるのなら、
アメリカの言いなりになるか、ただそれに反発するかとしか考えることの出来ない様な保守
政治家と官僚機構と大企業を中心とした運命共同体こそが、単に自分たちさえ生き残りさえ
すれば、他人のことなんかどうでも良いと言うとんだ身勝手で傲慢極まり無いとしか思えま
せんし、日本国民全体にしてみれば、こんな連中こそ、お国のためにもならないし天皇陛下
のためにもならないばかりか、国際社会全体からしても極めて邪魔な存在でしか無い訳な
のだから、幾らでも「ふざけるな、この馬鹿野郎、お前らこそ日本からとっとと出て行け」と言う
物凄い怒りを幾らでもぶつけて、出て行った先で、自爆テロにでもされることにでもなれば、
「どうぞ、幾らでも勝手に特攻隊でもやって、勝手に死んで行って下さい」とでも言ってあげて
送り出してあげれば良いだけのことですよね。
下手をすれば、憲法改正でもして、核武装なんかしようものなら、それこそ冷温停止中の
何処かの原発が自爆テロ等によって破壊され、大惨事でも再発すれば、それこそ慎太郎
大震災による天罰にも繋がりかねないと思えば、一億総懺悔では済まされないどころの
騒ぎでは無いと思うと、悲しいとしか言いようがありませんね。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/53876598

この記事へのトラックバック一覧です: 米議員が大統領に書簡 4氏、在沖海兵隊撤退求める:

« 子ども・子育て新システム:最終案決定 地方負担、決着せず | トップページ | 防衛省、宜野湾市長選の講話提出 局長、自公候補支援を示唆 »

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31