« 障害者新法:厚労省法案概要、内閣府部会が反発 | トップページ | 教職員処分規定:職務命令3回違反で免職 大阪府・市 »

2012/02/08

ビブリア古書堂の事件手帖

2b2807c6_3 いま、超話題のこの本を読んでみた。FBで交流のある方がちょっと書き込んでいたので。舞台は、古書店。登場人物の探偵役は、無類の本好きだから、それだけで共感してしまうよね。ボクも、できれば本の山のなかで暮らしたい。えっ、暮らしているって? まだまだですから。でもこんな本を読むと、よし、もうちょっと本を買っていいかなって思えてきて、これはまずいかな(苦笑)。
 ライトノベルの文庫からだけど、まあ軽いミステリー。古書にまつわるうんちく満載だから。だけど、いろいろな時代を反映した本をとりあげている(たとえば青木文庫なども出てくる)のだから、もう少し、登場人物の背景、時代の背景などを追えば、深みが出るのになどと思ってしまうのは、やっぱりおじさんだね。だけど、軽い物語の展開のなかにも、読ませる作品にはなっているかな。若い感性のドキドキ感も、なんとなくいいなあなどとね。
 本屋大賞のノミネート作品だそうだ。さて。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを


« 障害者新法:厚労省法案概要、内閣府部会が反発 | トップページ | 教職員処分規定:職務命令3回違反で免職 大阪府・市 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/53936275

この記事へのトラックバック一覧です: ビブリア古書堂の事件手帖:

« 障害者新法:厚労省法案概要、内閣府部会が反発 | トップページ | 教職員処分規定:職務命令3回違反で免職 大阪府・市 »

無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31