« ワタミ社員の自殺、労災認定 入社2カ月の女性 | トップページ | 維新八策 骨子 全文です »

2012/02/21

光市母子殺害事件 雑感

 これは、あくまでも個人的な思いのメモ。

 だけど、この事件のことをこのような形で、感想を書けば、きっと、問題を避けているって、おしかりをうけるだろうなあ。だけど、刑事事件で、お二人の方が亡くなっている事件である。ボクは、その事件の経過について、そんなに詳しく知っているわけではない。だから、その判決が、どうのこうのって言うような資格はもちろんないし、言うつもりもない。
 もちろん、死刑という制度そのものについて論じることもできる。だけど、それはひとまず、ここでは置いておく。

 ボクがどうしても、割り切れないのは、この事件の裁判が、少年事件の厳罰化ということと、被害者の人権ということの象徴のように扱われて、結果として、そういうその側の動きに振り回されるような形ですすんでしまったことへの割り切れなさいだ。
 もちろん、ボクは少年事件や、少年に近い世代にある加害者の事件について、厳罰化だけでは問題が解決するとは思えないでいる。罪はつぐなわければならないし、罪と向き合ってこそ、更正もある。だけど、それは厳罰化だけなのかというものだ。
 と、同時に、たしかに日本では被害者の人権は決して十分ではない。ボクも個人的には、息子が障害事件の被害者になったとき初めて被害者の立場でものごとを考えさせられた。これはたいへんなことだった。そのことは解決する必要はある。だけど、それでも、厳罰化だけでは解決しない。
 日本は、加害者の人権だって、実は守られていない。いろいろあるけど、初期の段階から容疑者の扱いはかなり酷いし、いろいろな制限がある。さらに、すくなくとも更正のシステムはほんとうに未熟だ。
 今度の事件も、裁判の初期段階、1審や2審では、そんなに厳罰化の流れはなかったこともあるのだと思うけど、弁護方針そのものも、曖昧で、真摯に、加害者と向き合ったものになっていたとは、ボクの知るかぎりとうてい思えないのだ。そういうしているうちに、厳罰化の流れの中で状況が急変していった…。そして嵐のような一方的な報道もあった(これはBPOもそう認定している)。
 そういうなかでの最高裁、高裁、最高裁という段階での審理のありようは、これでよかったのかっていう思いはどうしてももってしまう。

 実際に、最高裁では異例の、ほんとうに異例の反対意見がついた。そして、今日の各紙社説なのにも、ためらいはの表明や、慎重な議論を求める声が多い。東京新聞は、今日の段階でも実名報道をしなかったのは見識だと思う。

 判決について、遺族の本村洋さんは「決してうれしいとか、喜びの感情はない。彼(被告)にとっては大変残念かもしれないが、罪はきっちりと償わなければならない。判決を受け止めてほしい。自分の人生を絶たれてしまうような被害者がいなくなることを切に願います」と述べている。 弁護団 は「判断を誤っており、極めて不当だ。強姦目的も殺意もないことは、客観的証拠や鑑定から明らかにされたのに、裁判所は無視した。被告は虐待で成長が阻害されており、実質的には18歳未満で、死刑は憲法や少年法に反する」との声明を発表している。
 いずれにしても、あとに投げかけている問題は少なくないと思う。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« ワタミ社員の自殺、労災認定 入社2カ月の女性 | トップページ | 維新八策 骨子 全文です »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/54043336

この記事へのトラックバック一覧です: 光市母子殺害事件 雑感:

« ワタミ社員の自殺、労災認定 入社2カ月の女性 | トップページ | 維新八策 骨子 全文です »

無料ブログはココログ
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30