« 大洗水族館長が怒る…値上げ説明の東電社員に | トップページ | 大阪市「政治活動から決別」宣言 全職員の実態調査実施へ »

2012/02/10

「君が代」強制反対訴訟 教職員上告を棄却 最高裁 「憲法19条違反の可能性」の意見

 最高裁の判決が続く。昨日のは、いわゆる「予防訴訟」と言われるもの。

「君が代」強制反対訴訟 教職員上告を棄却 最高裁 「憲法19条違反の可能性」の意見(しんぶん赤旗)

 卒・入学式で「日の丸」に向かった起立と「君が代」の斉唱などを強制する東京都教育委員会の通達(10・23通達)は違憲違法だとして、都立学校の教職員ら375人が都教委などを相手に、起立斉唱の義務がないことの確認や処分の事前差し止めなどを求めた訴訟(予防訴訟)の上告審で、最高裁第1小法廷(宮川光治裁判長)は9日、教職員らの上告を棄却しました。
 同訴訟では、処分の事前差し止めや起立斉唱義務の不存在確認を求める訴えが、訴訟要件を満たすかどうかが一つの争点でした。
 判決は、職務命令に従わないことを理由にした処分の事前差し止めについて「事後的な損害の回復が著しく困難」だとして、請求すること自体は適法だと判断。起立義務の不存在確認の請求についても適法としました。
 しかし、通達やそれにもとづく起立斉唱などの職務命令については、これまでの判決を踏襲して「合憲」と判断。通達などの違憲を理由とした処分事前差し止めと義務不存在の確認は退けました。
 5人の裁判官のうち宮川光治裁判長が職務命令は思想良心の自由を保障した憲法19条に違反する可能性が高いとし、事前差し止めと義務不存在確認を認める反対意見をのべました。
 一審東京地裁は2006年、通達とそれにもとづく都教委の指導を違憲と判断、教職員に起立斉唱などの義務はなく、不起立などを理由に処分をしてはならないとしました。二審東京高裁は昨年これを取り消し、請求そのものが適法でないとして却下していました。

 これがその判決。ちゃんとクリップ。
 判決が続いたわけだけど、基本的に、最高裁の判決は、ほぼ同じ枠組みで出されているので、想像通りの判決だったわけで、メディアの取り上げ方も弱くなっている。今度も、職務命令は合法としながらも、ゆきすぎたらだめだよということが、違憲とした1つの反対意見や3つの補足意見という形で示されている。
 だけど、判決そのものが、やっぱり問題のある判決だと思うし、その判決を覆していくような、議論をちゃんとしなければいけないと、自分自身に心に刻んでおく。どこかでちゃんとノートをとり、そして研究者と討論して、形にしないとなあ。反省を込めて。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 大洗水族館長が怒る…値上げ説明の東電社員に | トップページ | 大阪市「政治活動から決別」宣言 全職員の実態調査実施へ »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/53951090

この記事へのトラックバック一覧です: 「君が代」強制反対訴訟 教職員上告を棄却 最高裁 「憲法19条違反の可能性」の意見:

« 大洗水族館長が怒る…値上げ説明の東電社員に | トップページ | 大阪市「政治活動から決別」宣言 全職員の実態調査実施へ »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31