« 避難したくてもできない 1/3 福島の妊婦、乳幼児家庭 | トップページ | 首相きょう来県 知事経験2人「県内反対」 »

2012/02/26

教師のしごと (泣いて、笑って、ちょっぴり笑顔)

Show_image 若い教師の受難の時代だ。その成長の道筋はなかなかしんどいなかにある。子どもの荒れ、その背後にある子ども社会の変容、管理された学校で管理される教師たちのもとで、同僚に管理される若い教師たち…。だけど、そういうなかで、子どもとの世界をつくり、豊かな実践をすすめはじめる教師たち。
 もちろん、教師の難しさや困難のすべてが語り尽くされているわけではないし、教師の成長の道筋がここですべて示されているわけではない。だけど、自分たちの力で、その道筋をつくっていく若者たち。
 教師の仕事は茨の道。だけど、人を引きつけてやまないしごとであるということを知らしてくれるなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 避難したくてもできない 1/3 福島の妊婦、乳幼児家庭 | トップページ | 首相きょう来県 知事経験2人「県内反対」 »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/54084577

この記事へのトラックバック一覧です: 教師のしごと (泣いて、笑って、ちょっぴり笑顔):

« 避難したくてもできない 1/3 福島の妊婦、乳幼児家庭 | トップページ | 首相きょう来県 知事経験2人「県内反対」 »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31