« 基地「経済規模大きい」 防衛相、認識不足を露呈 | トップページ | 教育基本条例の修正案 »

2012/02/03

大熊町夫沢で130マイクロシーベルト

 きついなあ。帰りたい思い、帰れない現実。やっぱり、この放射能汚染の規模は圧倒的に、想像より大きい。

大熊町夫沢で130マイクロシーベルト(福島民友)

 政府の原子力被災者生活支援チームは2日、警戒区域や計画的避難区域の各町村で実施した自動車走行サーベイなどによる放射性物質調査の結果を発表した。
 雨などの天候の影響で放射性物質が移動することでの線量変化はあるものの、全体の線量分布はほぼ変わっていないという。最高値は大熊町夫沢の毎時130マイクロシーベルトだった。
 計測は今回で4巡目で、昨年11月5日から12月12日にかけて警戒区域と計画的避難区域を一巡した。計測地点は自治体からの要望を受け、前回3巡目(昨年10月1日から11月4日)に比べ1万4716地点を増やした13万4376地点で実施した。

 でも、やっぱり徹底した調査と汚染知事の作成。当面、どう対応するかにとってはそれしないあなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 基地「経済規模大きい」 防衛相、認識不足を露呈 | トップページ | 教育基本条例の修正案 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/53894831

この記事へのトラックバック一覧です: 大熊町夫沢で130マイクロシーベルト:

« 基地「経済規模大きい」 防衛相、認識不足を露呈 | トップページ | 教育基本条例の修正案 »

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31