« 脱原発世界会議 2日目 | トップページ | 君が代不起立:「処分は裁量権の範囲内」 最高裁が初判断 »

2012/01/15

シリーズ原発危機 知られざる放射能汚染 ~海からの緊急報告~

 今日のNスペ。これもまた、いろいろ考えさせられる。ちょっと、驚く。

120115_a 東京電力・福島第一原発の事故によって、大気中に、そして海に放出された大量の放射性物質。事故から10か月、放射能汚染はどこまで広がり、その影響はいつまで続くのか。その実態を明らかにするひとつの鍵が「水」という存在だ。今回、NHKでは、専門家チームとともに初めて、原発から20㎞圏内の海の本格的な汚染調査を実施。同時に、陸においては、山間部の湖から河川もふくめた広範囲の調査も行った。そこからは、次々と新たな放射能汚染の実態が浮かび上がってきた。予想もしない場所で発見されたホットスポット。山奥の湖で、人知れず進行していたワカサギやイワナなど淡水魚の汚染。いずれも放出された放射性セシウムが、「水」を媒介にして意外な影響をもたらしている現実だ。こうした結果は、これまで事故以来、様々な調査にもとづいて作られてきた日本列島の「放射能汚染地図」を改めて書き換える必要があることを意味している。放射性物質はいかなるメカニズムによって運ばれ、魚介類に濃縮され、私たちの暮らしを脅かしていくのか、その知られざる実態に迫る。

 この事故を通じて、ほんとはチェルノブイリのときに、それは明らかだったのだろうけれども、ボクは全然注目していなかったその事実を痛感させられる。それは、放射性物質は拡散するのではなく、集まってくるということ。そして、原発から離れた場所でも、高い線量が計測される。つまり、それだけ影響が広がる…。
 海のホットスポット。これは、ETVでやっていたもの。だけど、同じように、陸地の沼などにも、放射性物質が集まっている。さらに、東京湾のホットスポット。そして、そのメカニズム。おいおい、江戸川なの。やっかいな問題は次々と生まれる。経験知だけで考えない、そういうとりくみが必要なんだろうなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 脱原発世界会議 2日目 | トップページ | 君が代不起立:「処分は裁量権の範囲内」 最高裁が初判断 »

政治」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/53746245

この記事へのトラックバック一覧です: シリーズ原発危機 知られざる放射能汚染 ~海からの緊急報告~:

» 魚の放射能汚染 [へなちょこ自然保護]
 先日(1月15日)の「NHKスペシャル」について書いてみる.  海底の汚染はどうなっているか,われわれは調査した,と言っていた.「われわれ」とはNHKのことだろうか.マスコミが行なう科学調査を,どれほど信頼してよいものか,私にはわからない.特にNHKは,データを正直に提示するような人たちではない.むしろデータを取捨選択し加工して,特定の結論にこぎ付けることにかけて,極めて有能な人たちであることを,今や日本人なら誰でも知っている.そういう人たちが「調査」をした.  魚が放射能で汚染されている.福島... [続きを読む]

« 脱原発世界会議 2日目 | トップページ | 君が代不起立:「処分は裁量権の範囲内」 最高裁が初判断 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31