« 福島の子の医療費無料化を断念 首相、財源困難と判断 | トップページ | ショック・ドクトリン ―― 惨事便乗型資本主義の正体を暴く ――上・下 »

2012/01/23

生活保護を相談、申請はせず…札幌2遺体

 貧困は、複合的な困難をともなう。

生活保護を相談、申請はせず…札幌2遺体(読売新聞)

 札幌市白石区のマンション一室で、姉とみられる女性が病死し、知的障害のある妹とみられる女性が凍死していた問題で、姉は2010年6月から11年6月の間に3回にわたって、札幌市白石区役所に生活保護の相談に訪れていたことが23日、同区役所への取材でわかった。区役所は、受給資格はあると説明したが、姉は「できるだけ自分でやっていきたい」などと話し、申請はしていなかったという。
 道警幹部によると、死亡したのは佐野湖末枝(こずえ)さん(42)と恵さん(40)とみられる。
 同区役所によると、姉は10年6月1日に区役所を訪れ、「障害を持つ妹と暮らしている。障害者年金をもらっているが、私は失業中で、生活に困っている」などと相談した。しかし、申請の意思はなく、職員から生活保護の受給に必要な書類などについて聞いて帰ったという。
 姉は、11年4月1日、同年6月30日にも同区役所を訪れていた。11年6月の時は「職が決まったが、妹の具合が悪くなり、一度も出勤しないまま退職した」などと話していたという。同区役所は「3回とも生活保護の申請の意思はなかった」としている。……

 詳しい経緯はわからない。だけど、人間関係のうえでのこうした孤立はどのように形成されていったのか。障害のある場合、やはり学校から切れると、どんどん社会的支援は受けにくくなるという現実があるのだろうなあ。
 なんとも、切なく、悲しい事件。それでも、社会保障の制度は、どんどん自己の責任による選択を強調する形での設計になっていく。自立支援法がその典型。くそ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 福島の子の医療費無料化を断念 首相、財源困難と判断 | トップページ | ショック・ドクトリン ―― 惨事便乗型資本主義の正体を暴く ――上・下 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/53806652

この記事へのトラックバック一覧です: 生活保護を相談、申請はせず…札幌2遺体:

« 福島の子の医療費無料化を断念 首相、財源困難と判断 | トップページ | ショック・ドクトリン ―― 惨事便乗型資本主義の正体を暴く ――上・下 »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30