« 原発賠償に課税とは 「風評被害」や給与減損失への支払い 収入扱い、被災地困惑 | トップページ | 遠山史学と歴史学の現在 »

2012/01/21

いま、先生は~過酷な、しかし人を惹きつけてやまない仕事

20120121_103223 今日は、午前中は学びをつくる会の、表題の講演を聞きに。講師は朝日新聞の氏岡さん。基本は、この前に岩波で出た本がベースだけど、たんたんとしゃべるウジオカ節に引き込まれる。自分の記者としての仕事をふり返りながら、教師をめぐる教育改革が教師を主人公にしたもので決してなく、教師を管理するものであったと指摘する。市川さんの言葉を紹介しながら、教員免許更新制は、教師全体の非正規化という。最初に、学級崩壊から話がはじまる。教師の苦難は、子どもと社会の変化からはじまる。そのもとでの教師の苦悩。そのなかで、教師の現場は大きく変わる。1つは、若手教員の増加。余裕のない職場で、ここに過重な仕事のしわ寄せが。若者の苦しみとそのもとでのとりくみ。そしてもう1つが非正規の広がり。その実態は凄まじい。それでも非正規でも教師だ。という感じで話はすすむ。
 何よりもおどろいたのが、会場いっぱいの若い先生たちとその先生をめざす学生たち。これはすごかった。休みの日に、こういう学習会に参加する若者たち。これは希望だな。
 来週は、東京は元気いっぱくという若手の学習会、そして、2月かな全国は先生のTANE。おじさんはとても取材にもいけないですけど、どんな議論をしたか、あとでいろいろ教えてもらいます!

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 原発賠償に課税とは 「風評被害」や給与減損失への支払い 収入扱い、被災地困惑 | トップページ | 遠山史学と歴史学の現在 »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/53791387

この記事へのトラックバック一覧です: いま、先生は~過酷な、しかし人を惹きつけてやまない仕事:

« 原発賠償に課税とは 「風評被害」や給与減損失への支払い 収入扱い、被災地困惑 | トップページ | 遠山史学と歴史学の現在 »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31