« 東日本大震災:失業手当切れ 生活再建見通し立たず | トップページ | 山田洋次 50年の時が過ぎて(前編)夢を追った時代からバブル崩壊まで »

2012/01/10

中学校で「朝鮮人強制連行」についての不適切教材使用、大阪・羽曳野市教委が回収指示

 いや。今年3日の新聞記事の話を今日、MLで教えていただいた、ちょっと、背筋がぞっとした。

中学校で「朝鮮人強制連行」についての不適切教材使用、大阪・羽曳野市教委が回収指示(産経新聞)

 大阪府羽曳野市の市立峰塚中学校が「朝鮮人強制連行」について扱った学習用教材を使用し、市教委が回収を指示していたことが2日、学校関係者への取材で分かった。問題は保護者らからの指摘で判明。同校は「教科書に記載がない内容で不適切だった」として、すでに教材を回収している。
 指摘を受けたのは「在日韓国・朝鮮人問題学習」と題したB4判のプリント教材1枚。教材には、中学校の学習指導要領に記載のない「戦前・戦中の日本政府による朝鮮人の強制連行」について、「強制連行された朝鮮人は80万人にもなりました」などと記載されていたほか、「日本の植民地支配」の項目には、「日本がうばったもの」についての設問の空欄に、朝鮮の「言葉」や「名前」と生徒に書き込ませる問題もあった。
 学校関係者によると、教材は同校で数年前から使用されており、作成者は不明。
 昨年11月16日の「総合的な学習」の授業で、2年生全8クラス(計約300人)の各担任が、教材として配布した。
 生徒の保護者ら数人が同月22日、市教委に連絡。調査に乗り出した市教委が同校から事情を聴いた結果、「教材の内容は学習指導要領に記載がない上、一方的な視点から作られたもので学校での使用は不適切」と判断。28日に回収を指示し、同校は翌12月16日に配布済みの教材を回収した。
 中野秀夫校長は「今後は教材のチェックを徹底していきたい」としている。

 この教材が、どんなものかはわからないが、強制労働をあつかうことは考えられること。とくに在日のかたが多いなどの地域の特殊性があればなおさらだ。だけど、学習指導要領に書いていないことを教えることに、そういう教材をつかうことにチェックがはいることになったら、いったい授業はどうなっていくのか…。これほど、怖ろしいことはないと思う。
 この問題の背景には、在特会の動きがあるともいわれているのだけれども、いったい…。
 そんなに楽観的ではいられない事態だよなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 東日本大震災:失業手当切れ 生活再建見通し立たず | トップページ | 山田洋次 50年の時が過ぎて(前編)夢を追った時代からバブル崩壊まで »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

u really have great template

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/53707505

この記事へのトラックバック一覧です: 中学校で「朝鮮人強制連行」についての不適切教材使用、大阪・羽曳野市教委が回収指示:

« 東日本大震災:失業手当切れ 生活再建見通し立たず | トップページ | 山田洋次 50年の時が過ぎて(前編)夢を追った時代からバブル崩壊まで »

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31