« 日高教 高校教育シンポジウム 2日目 | トップページ | 子どもの学習と発達の向上には品質基準が不可欠 »

2012/01/29

福島第1原発:飯舘村、心の荒廃懸念 5割が家族別離

 このニュースも、衝撃的である。どこかで被害は酷く、深刻なのだろうか。

福島第1原発:飯舘村、心の荒廃懸念 5割が家族別離(毎日新聞)

 東京電力福島第1原発事故で計画的避難区域に指定され、全村避難を強いられている福島県飯舘村の菅野典雄村長が毎日新聞の取材に「ストレスで避難民にいがみ合いが生じている」と述べ、村民の「心の荒廃」に懸念を示した。別々に避難している家族も多く、村のアンケートでは「自分や家族の健康状態が悪くなった」との回答が60%、「イライラすることが増えた」は39.9%。放射能汚染で先を見通せない避難生活が大きく影響しているとみられ、原発震災の深刻さが浮かんだ。
 飯舘村は昨年4月22日に計画的避難区域となり住民の大半は県内外で避難生活を送る。菅野村長は「心の痛み、家庭の崩壊が進んでいる。戻りたい人と戻れない人、家族同士、世代間の葛藤がある」と指摘した。
 特に、仮設住宅で暮らす約3割の村民と、県の借り上げ住宅などに点在する村民との対立が目立ち「なんで仮設ばかりに支援物資が行き、借り上げに来ないのか、と言い合うようになり、『差別だ』との声まで出ている」という。村民のうち2708人を対象に行い1743人から回答を得て村が先月まとめたアンケートでも「仮設住宅以外にも公平な支援を」との訴えが80人に上った。
 このアンケートによると、震災前と同様に「全ての子供と一緒に暮らしている」のは55.7%にとどまり、「避難に伴い全ての子供を別の場所に避難させた」は21.3%、「一部の子供を別に避難させた」は15.4%。3分の1以上は親子が別々に暮らし、祖父母も含めて同居していた家族が別々に暮らす割合は50.1%に上る。
 また、収入は5割かそれ以上減った人が34.7%。体調の変化では「睡眠があまりとれていない」が36.8%、「たばこやアルコールを飲む回数や量が増えた」が17.9%。
 自由回答では「急に飯舘村のことを思うと悲しくて涙がとまらなくなり、途方に暮れ不安になる。子供が突然涙を流し帰りたいと言う」「県外に避難したと非難され、友人との仲が悪くなった」「生きていることがつらくなった」「やる気が起きない。食欲がない」などの悩みが多数寄せられた。…

 もうコメントのつけようがない。しかも、そういう困難はもともとの経済格差も当然のごとく、鋭く反映するのだろうし。分断される感情。だけど、その個別の、困難は、それぞれ、さまざまな問題を抱えた、具体的な困難で、そこには軽重もないだろうし。つらいの言葉につきる。政治はほんとうに応えているのか?ええ?

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを


« 日高教 高校教育シンポジウム 2日目 | トップページ | 子どもの学習と発達の向上には品質基準が不可欠 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/53853918

この記事へのトラックバック一覧です: 福島第1原発:飯舘村、心の荒廃懸念 5割が家族別離:

« 日高教 高校教育シンポジウム 2日目 | トップページ | 子どもの学習と発達の向上には品質基準が不可欠 »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30