« 野田首相:年頭会見、自ら解散に言及 党内反対派けん制 | トップページ | 米「中国は安保の脅威」 新国防戦略 「二正面作戦」を放棄 »

2012/01/05

ギャング・オブ・ニューヨーク

D113393192 腰痛で沈没の今日は、昼から、ボケーッと、この映画を見ていた。長い映画。舞台は、19世紀半ばのニューヨーク。アメリカ生まれの住人と、アイルランド移民との間の利権を争いのなかでの話。考えてみると、この時代のアメリカっていうのは、リンカーンがいて、南北戦争があってなどなどしかししらない。そのアメリカはどういう社会だったのかは、西部劇ぐらいしかしらないだろう。そういう意味で、とっても興味深い映画だった。都会はギャングが支配し、宗教観の違いや出身で、激しくぶつかりあう。そういうなかでの争いなのだけど、時代は一方で、南北戦争をとおして、国家というものが強い力をもつようになり、この国の資本主義が急速に発展していく。この時代の社会像をいろいろみせてくれたりしていて、それだけで、見た価値があったような気がするのだ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 野田首相:年頭会見、自ら解散に言及 党内反対派けん制 | トップページ | 米「中国は安保の脅威」 新国防戦略 「二正面作戦」を放棄 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/53664082

この記事へのトラックバック一覧です: ギャング・オブ・ニューヨーク:

« 野田首相:年頭会見、自ら解散に言及 党内反対派けん制 | トップページ | 米「中国は安保の脅威」 新国防戦略 「二正面作戦」を放棄 »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30