« 警戒区域に11人定住 「故郷捨てられぬ」 | トップページ | 使用済み燃料プール冷却一時停止 福島第一・第二原発 »

2012/01/17

中高生114人、柔道で死亡していた…名大調査

 4月から、中学も学習指導要領が完全実施となる。そこでは、中学の体育で武道が必修となる。実は、これがとても問題がある。

中高生114人、柔道で死亡していた…名大調査(読売新聞)

 学校での柔道事故を巡っては、受け身の習得が不十分なまま投げ技練習に参加したり、頭を打った後に適切な救急措置を受けられなかったりした生徒が死亡するケースが後を絶たない。
 名古屋大の内田良准教授(教育社会学)によると、柔道事故で死亡した中学、高校生は1983~2010年度の28年間に全国で114人(中学39人、高校75人)。中高ともに1年生が半数以上を占め、計14人が授業中の死亡例。また、後遺症が残る障害事故も83~2009年度で275件あり、3割は授業中だった。
 中学の部活動における競技別の年間死者数(2000~09年度の平均、10万人当たり)を見ると、柔道が2・376人で、2番目のバスケットボール(0・371人)に比べても圧倒的に多い状況だった。死亡原因の大半は頭部外傷で、内田准教授は「首の筋力などが未発達なうちに、安易に立ち技や乱取りを行わせるのは危険」と警鐘を鳴らす。

 安全を確保できるような場所や、指導者がいるのかどうか。もともと危険なスポーツだけどそこが問われる。だけど、ほんとうにその対策がなされているのかが疑問である。普通の部活動でも、危険がともない、さまざまな問題が多い。昨年も死亡事故があったばかりだ。

 ところがこんなニュースが相次いでいる。

愛知の柔道教員、6日で黒帯…30年間全員合格(読売新聞)

 愛知県教育委員会が県柔道連盟へ委託し、中学、高校の体育教員を対象に2年に1度開いている柔道の指導者講習(計6日)で、30年近く、受講者全員に段位(黒帯)が授与されていたことがわかった。
 柔道の総本山・講道館(東京都)によると、黒帯の取得には「平均でも2年程度かかる」というが、愛知の場合は短期間の上、審査も一般の昇段試験と違って試合の勝敗を考慮していない。関係者からはこうした段位認定のあり方を疑問視する声が出ており、講道館でも実態を調査する方針だ。……

猛者揃い?わずか2日で柔道黒帯 大分の体育教員研修(朝日新聞)

 大分県柔道連盟が県内の中学、高校の体育教員に、2日間の講習を受けるだけで柔道の黒帯(段位)を授与していたことがわかった。講習は、同県教育庁が連盟に委託して開いており、約30年前から毎年1回行っている。
 県教育庁体育保健課によると、2011年度は14人が、10年度は5人が受講し、全員、初段になり黒帯をもらった。これまで受講した体育教員のほとんどが合格したという。……

 指導要領完全実施を前に、解決しなければいけない問題でもある。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 警戒区域に11人定住 「故郷捨てられぬ」 | トップページ | 使用済み燃料プール冷却一時停止 福島第一・第二原発 »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/53759908

この記事へのトラックバック一覧です: 中高生114人、柔道で死亡していた…名大調査:

« 警戒区域に11人定住 「故郷捨てられぬ」 | トップページ | 使用済み燃料プール冷却一時停止 福島第一・第二原発 »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30