« 返済不要の給付型奨学金の実現、安心して借りられる貸与制奨学金を 緊急国会情勢報告・懇談会 | トップページ | 新任教諭の自殺は「公務災害」 静岡地裁が認定 »

2011/12/15

立命館大大島教授「原発は割に合わない」 詳細な費用を挙げ講演

 大島先生、がんばっているなあ。原発をなくしていくうえで、正念場だなあ。休まずにがんばらないとねえ。

立命館大大島教授「原発は割に合わない」 詳細な費用を挙げ講演(東京新聞)

 原発の合理性に疑問を呈している立命館大国際関係学部の大島堅一教授(環境経済学)が十四日、「原発のコスト~エネルギー転換への視点」と題して高崎市の高崎経済大で講演した。
 大島教授は、原発にかかるコストには電力業者にとってのコストだけでなく、環境や安全面で社会が負担するコストも含まれる、と主張。福島第一原発事故の被害総額について「生命や健康などのコストは疑似的にしか金銭評価できないが」と断った上で、除染費用を除き、これまで判明しただけでも八兆五千四十億円に上ると紹介した。
 一方、東京電力が一九七〇~二〇一〇年度に原発から得た事業報酬を四兆一千八百二十五億円と推計し「事業として割に合わない」と指摘。事故がなくても放射性廃棄物の再処理に膨大な費用がかかるとして「原発は合理性に見合わない」と強調した。
 大島教授は二十年前から原発のコストを研究し、事故以前から原発の経済性に異を唱えてきたが「相手にされなかった」。事故後は一転して内閣官房や経済産業省の委員会の委員を務めるようになった。現在、原発に替わる再生可能エネルギーを普及させるための制度づくりをめぐって政府や経産省、産業界の間で「すごい綱引きが行われている」と話した。

 原発共同体はいまだ現存していて、それを維持しようと、醜い策動が繰り返されているけれども。それはたしかに決して、侮ること、軽視することはできないけれどもね。1年間の積算線量が、大熊町夫沢で年間482~138ミリシーベルト、浪江町昼曽根尺石で225ミリシーベルト、同町井手211ミリシーベルト、同町赤宇木椚平、川房がいずれも210ミリシーベルト、福島第1原発立地町の大熊町下野上197ミリシーベルト、同町熊川120ミリシーベルト、双葉町長塚165ミリシーベルト、同町石熊は118ミリシーベルト、浪江町小丸(140ミリシーベルト)、同町室原(121ミリシーベルト)や、葛尾村葛尾野行(103ミリシーベルト)、富岡町小良ケ浜(109ミリシーベルト)と。こんな数字を見ると、やっぱり、愕然とする。だから、原発は危険という認識も、支配層や経済界のなかにも生まれる。新エネルギーをめぐる思惑も広がる。そういうなかで、大きく原発をなくそうという世論を集めないとね。今年の終わりは、やっぱり脱原発でね。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 返済不要の給付型奨学金の実現、安心して借りられる貸与制奨学金を 緊急国会情勢報告・懇談会 | トップページ | 新任教諭の自殺は「公務災害」 静岡地裁が認定 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/53492670

この記事へのトラックバック一覧です: 立命館大大島教授「原発は割に合わない」 詳細な費用を挙げ講演:

« 返済不要の給付型奨学金の実現、安心して借りられる貸与制奨学金を 緊急国会情勢報告・懇談会 | トップページ | 新任教諭の自殺は「公務災害」 静岡地裁が認定 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31