« 年の瀬に貧困を考える 窮乏から目を背けずに | トップページ | 来年度予算案一般会計90.3兆円 実質は過去最大規模 »

2011/12/24

文科省 検証先送り SPEEDI中間報告

 なんなんだろう。いまになっても本気で考えない人たちってこと?

文科省 検証先送り SPEEDI中間報告(東京新聞)

 福島第一原発で事故が起きた当初、政府が放射性物質の拡散をシミュレーションしながら公表しなかった問題で、文部科学省は二十三日、省内の対応を検証した中間報告を発表した。公表が遅れた理由について関係者に聞き取りするなど十分な分析をした形跡はなく、単に全職員から募った意見を並べただけ。「検証」というにはずさんな内容となっている。
 文科省は十月、政務官をリーダーに検証チームを編成。緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム「SPEEDI」を百二十億円を投じて開発、運用していたのに、福島県民の安全な避難につながらなかった問題を検証するはずだった。
 しかし、中間報告書では「当初は放射性物質の放出量が仮定したものだったことなどから公表されなかった」と、これまで政府と東京電力の統合対策室の会見などで出た説明を簡単に記載。事故直後の公表の是非を誰がどのように判断したかには触れないまま「放出量が分からなくても当初から公表することが必要」と教訓を記した。
 文科省の担当者は「緊急時の対応態勢という全体的な課題に焦点をあてた」と釈明。今後、詳しく検証し、来年三月末までに報告書をまとめるという。…

 これが、早く発表されていたら、子どもたちの被曝は、あるていど回避できていたわけだから、明らかな犯罪行為である。ボクが、はじめて、公開についての議論を聞いたのは、3月18日だったと思うけど、学術会議の緊急集会で。そこで、たずさわっているひとから言われていたのは公開は最終段階だと。23日に首相官邸にあがったとの報道もあったけど、そんなはずはないでしょう。そして、発表は、1カ月後…。
 ぼやっと問題だったって言っても何の意味もないでしょう。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 年の瀬に貧困を考える 窮乏から目を背けずに | トップページ | 来年度予算案一般会計90.3兆円 実質は過去最大規模 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/53561477

この記事へのトラックバック一覧です: 文科省 検証先送り SPEEDI中間報告:

« 年の瀬に貧困を考える 窮乏から目を背けずに | トップページ | 来年度予算案一般会計90.3兆円 実質は過去最大規模 »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30