« 臨床心理士を国家資格に 民自、法案提出で調整 | トップページ | 内山議員ら28日に離党届提出 年明け新党の方針 »

2011/12/27

有期雇用、上限5年に=通常国会に法案提出へ-厚労省

 いやこれってほんとにひどいよ。新聞はなぜ、こんな報道をするのかなあ。

有期雇用、上限5年に=通常国会に法案提出へ-厚労省(時事通信)

 厚生労働省の労働政策審議会(厚労相の諮問機関)は26日、契約社員や派遣社員など期間を定めて契約を結ぶ「有期雇用」に関し、契約通算期間の上限を「5年」にするとした報告をまとめた。また報告は、5年を超えた場合、有期契約労働者が申し出れば、雇用先の企業に期間を区切らない「無期雇用」に転換させることも盛り込んだ。厚労省はこれを受け、労働契約法改正案を来年の通常国会に提出する方針だ。
 労働基準法は有期雇用について、1回の契約で働ける年数を原則3年以内と定めているが、契約更新を重ねた場合の上限規定がなかった。契約社員など非正規社員は増加傾向が続き、全労働者の3分の1に達している。リーマン・ショック後に長期間同じ企業で働く有期契約労働者の「雇い止め」が相次いだことから、厚労省は今回の改正により、権利保護を強化したい考えだ。

 ちゃんと、現物を見てほしい。それはここ。

 実際には、入口規制はいっさいなし。出口も、これではどこまで実効力があるというのだろうか。わざわざ期間を5年にのばして……。使い捨て規制はない。クーリングをもうけたり、雇いどめ規定も法理として確立しているものだけで、ないよりましという程度。これでは、どんどん非正規がふえる。自分の子どものもう正規ってないのかなあと思わざるをえないがどうだろうか?
 非正規の拡大が、この国の社会と経済をどれだけ蝕んでいるのか。大企業の横暴がここにもあらわれている。ちょっとなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 臨床心理士を国家資格に 民自、法案提出で調整 | トップページ | 内山議員ら28日に離党届提出 年明け新党の方針 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/53581892

この記事へのトラックバック一覧です: 有期雇用、上限5年に=通常国会に法案提出へ-厚労省:

« 臨床心理士を国家資格に 民自、法案提出で調整 | トップページ | 内山議員ら28日に離党届提出 年明け新党の方針 »

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31