« 甥っ子の結婚式で京都に | トップページ | 貧困への現実認識の欠如――生活保護、求職者支援制度の利用を »

2011/12/12

日本にない学生の給付制奨学金 欧米6カ国 5割受給

 資料として、クリップ。

日本にない学生の給付制奨学金 欧米6カ国 5割受給(しんぶん赤旗)


 欧米16カ国で、返済の必要のない給付制奨学金を受けている学生の割合が9日までに判明しました。大学生の5割以上が給付制奨学金を受けている国が6カ国、2割以上が12カ国あり、16カ国すべてが1割を超えています。(表)

給付制奨学金を受給する学生の割合(%)
フィンランド 55.0
ノルウェー 56.0
スウェーデン69.0
ハンガリー 43.0
ポーランド 24.5
フランス 33.8
オーストリア18.0
ドイツ     17.0
ベルギー 20.0
オランダ 72.0
ニュージーランド 27.0
スペイン 38.0
イギリス 62.0
アメリカ合衆国65.0
スイス 10.0
ポルトガル 16.2

 日本でも給付制奨学金の実現を求める切実な声が広がるなか、日本共産党の宮本岳志衆院議員が国立国会図書館に依頼し、明らかとなったものです。調査の対象は経済協力開発機構(OECD)加盟の30カ国で、そのうち16カ国については受給学生の割合がわかりました。
 日本も含む30カ国のうち給付制奨学金制度は28カ国に広がり、授業料無償は15カ国におよんでいます。大学の授業料が無償でない上に給付制奨学金がないのは日本だけです。
 北欧3カ国は、学費が無償の上に、5~7割の学生が給付制奨学金を受けています。
 受給学生の割合が72%と最も高いオランダの場合、授業料の上限は年1672ユーロ(約17万6千円)で、保護者と同居していない学生の場合、最大で月額約506ユーロ(約5万3千円)を受け取ることができます。最初は貸与扱いですが、約10年以内に卒業するなどの資格をとれば返済は不要になります。
 アメリカは、州立大学の授業料が約70万円、私立大学が平均約258万円と高額ですが、65%の学生が給付制奨学金を受けています。

 国会が終わり、いよいよ、予算編成が大きな山場となって行きます。概算で文科省が出していた、給付制奨学金。きわめて限定的なものとはいえ、日本には、その制度そのものがないのです。高学費の一方で、この状況は、どこまでも、自己責任を強いるものとしかいいようがありません。
 さて、本予算では、どういう判断がなされるのか。まず、小さな一歩でも、その一歩が踏み出せるのか。注目されるところです。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 甥っ子の結婚式で京都に | トップページ | 貧困への現実認識の欠如――生活保護、求職者支援制度の利用を »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/53465658

この記事へのトラックバック一覧です: 日本にない学生の給付制奨学金 欧米6カ国 5割受給:

« 甥っ子の結婚式で京都に | トップページ | 貧困への現実認識の欠如――生活保護、求職者支援制度の利用を »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30